伝伝~セカンドシーズン~

三度の飯より金(円)が好きだが金で愛は買えない。

まーたやりまくってる〜

何がって、アレです。アレ。

 

文章書く作業な。

 

仕事でも書き、プライベートでも書き…

このブログやる前も何回かブログ作ってそこで投稿したり、投稿サイトで小説載せるために執筆したり…

 

文章を書く、という趣味?が人生の半分に到達してきた。

 

なんなんだろう、飽きないんですよね〜。

脳内のこと、ブログで文章化するのとか、ハマると1時間で5000字平気で書けちゃう。キモいな。

仕事も、ハマると1時間で2000字いくことがある。怖い。※リライトの場合

 

こんな話題、かなり前にも書いた気がする。

どんな内容かは記憶にないけど、そういうことを投稿した覚えがあるのは、記憶力いいと言えるのでは!?と、自分を褒める。

 

書くの慣れてないのに、ブログに興味持って、投稿始めてもさ、

早いと1ヶ月くらいで更新止まっちゃうじゃない?

 

私の場合はさ、頑張ってないのよ。

ファミマ行くか〜くらいのノリで、あ。あれ書こう。今これ考えてるからブログのネタにしよう。ってなるの。

 

こうなった始まりは、小説(※夢小説)だったわね。

自分が物語の主人公、というのは、ものすごく画期的アイデアだと思ったわ。

初期〜数年前までの自作小説(オリジナル含む)の文章自体はもうね、ボロボロよ。今見ると赤面レベル。

読書もほとんどしてなかったから語彙力ないし、日本語の意味も間違えてて、見るに堪えない。

 

今も読書の習慣はほぼないけど、意味を調べることで少しずつ語彙力のアップデート繰り返してる。

まだ曖昧な言葉も多いけど、ターゲット層を明確にして、意識して書くようにしたらメキメキ表現力が上がった。

 

寝ても覚めても延々と、ブログのネタ探し。

平日仕事で文章書いて、仕事終わったら文章書いて、休みの日も隙あらば文章書いてる。

 

なんでか、飽きが来ない。

ストレス発散だからだろうか?と漠然と思う。

 

かなり長いこと、フリーアルバイターしてきたけども、

気付いたら、趣味が仕事に!?

好きなことと、飽きないことと、やりたいことと、特技の全てが一致してしまった…キモい。

 

上司からも信頼を得ることができたので、

たくさん活躍して、

スパッと寿退社したろーかな?!って思う。嘘。この仕事おもろいからやめられん。

 

でもね、憧れるのよ。そういうの。

今までも、所詮はアルバイターですから、

引き止められた経験ないの。

一応、上の人は残念がるけど、そんなもん本心ではどう思ってるか知らんやん?

 

今の仕事はというと、急ぎの案件も難しい案件も、とりあえずこいつにやらせとけば間違いない、というレベルにまで信頼と実績を積んでやったのだ。ヘケッ★

マネージャーからも、私のような人材が複数人欲しい、などと評されるほど。すごいやろ?ヘケッ★

 

過去の栄光には縋らん。私は今、ナウの評価だけは誇りに思う。

そんな人材が辞める!なんて言ったら、今度こそ引き止めてもらえるやろか?

私も、会社で役に立つ人材だと、そういうふうに思ってもらえたやろか?

 

意地悪とか嫌がらせとかでなく、私自身の存在証明というか、アイデンティティなのかもしれん。

辞めないでくれー!あんたが必要なんだー!って引き止めてもらえたら、本望なんやけどな。

そういうレベルに活躍できた職場なんて今までなかったのでな。

今の職場、もしそうなら、頑張った甲斐あったなーって思えるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

いや、再三言うけど私は文章書く時は全く頑張ってないんだけども。

足引っ張らないように!と必死になるのは最初だけで、今は余力すら残してる。

だって、疲れるんだもん。

必死になってもね、所詮は派遣。

昇給は一応したが、ボーナスの一つももらえません。

歩合制、憧れるなぁって思う。

 

とは言え、来年になると働き方は確実に変えなきゃならんのです。

だって派遣は、3年しかいられないからね!ほんま余計なことしやがって!!!

あの職場はね、正社員だと本当に深淵か?ってくらいブラック。

(私が入社してから現時点で、部署内の社員ほぼ残ってない。草。最近も1人リタイアされた。草)

そもそも、業務内容:執筆【だけ】ができるのが、非正規のみ。

仮に社員になれたとしても、執筆以外に企画だの校閲校正だの、色々余計な業務をやらされるのは必至。

 

わいは〜👴文章が書きたいだけなんじゃ〜👴<晩御飯はまだかの〜?

ってなってるから、非正規以外の働き方が無理(会社的にも私的にも)

 

ただ、一応来年の満期前に、勤め先に聞いてみる。

派遣の抜け道として、【派遣元の契約社員になって、出向という形で継続勤務可能】という方法がある。

他の同僚の方も、数名その働き方をされている。

 

ただし!派遣の時より待遇は確実に下がる。

今の時点で、契約社員になったら交通費実費(リモートワークなら出さない)というのだけは確認取れている。

 

※私は優秀なので、今はリモートワークだけど特別に交通費変わらず出してもらってる。毎月1万ちょい。それがなくなるだけでもかなり減るよね〜

 

また、同僚の方は時給も下がったと言ってた。

ボーナスは出る。ただし寸志。

 

同じ仕事、続けたいけど、待遇が下がるのはモチベーション低下にしか繋がらない。

だから私は派遣先の上司に、聞くことにする。

今の待遇維持したままでそちらで直雇用してもらえない?って。

 

前例がないというのは前聞いたことがあるから難しいかもしれんけど

私は実績だけは着実に積んできたので、交渉することくらいはできると踏んでいる。

その結果ダメなら、潔く、待遇下げられること(派遣元の契約社員)を甘んじて受け入れよう。

ただし、何も交渉しないまま泣き寝入りなど言語道断。

迷いのない私は、決断力も行動力も人よりある。

来年と言わず、もう近いうちに聞いてやろうか?くらいには思っている。

聞くだけは、交渉するだけはタダだもんね。

 

リモートワークによる執筆があまりにハマりすぎて、出社はしたくないんだが、

もしも、執筆業で他に良さげな待遇があればそこ行っちゃうかもしれん。

 

やっぱり、金が何より大事よ。

私が一番嫌いなのは、やり甲斐搾取と言う言葉よ。

 

 

やり甲斐があるだろ?!だったら給料なんて低くてもいいよね!

 

 

☺️

 

 

 

 

 

☺️

 

 

 

 

 

☺️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶっ○すぞ😊

 

って思う。聞いてますか世の中の経営者の皆さん。頼むから給料もっと上げて。非正規は奴隷じゃねーんだよ。生きる為に働いてるんであって働くために生きてねーんだよ。

 

と、今日も不特定の人へ爆弾投げつけて、またこんど。

 

 

 

Copyright © 2018-2021 flowiron All rights reserved.