伝伝~セカンドシーズン~

三度の飯より金(円)が好きだが金で愛は買えない。

萎えたなタエ【ただの仕事の愚痴】

鎌田魚妙みたいな響きやな。というのはどうでも良くて。

 

今回は珍しく仕事の愚痴が漏れます。同僚は見たらダメだよ。気分害する自信ある読者さんも見たらダメだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ人がかなり分かりやすく要約して書いた文章に無駄な表現くっつけるんやろう?

例:美味しかった→とても美味しいと感動して涙がちょちょぎれた。

 

制作依頼出した段階とウェブで掲載されてる文章が全く違うねんけどどうなってんの。

素人が勝手に文章書き換えるなよ、分かりづらいわ蛇足だわ、読み手に何も伝わらなくなっとるやんけ。

 

それは単に私がそう思い込んでるだけでもともとアンタの文章が分かりづらいだけちゃうの?とか言われるんかもしれんけど、こちらの書いた文章は一応ちゃんと上司校閲通過してて、さらにいうと真のクライアント(シャッチョさん)にも合格貰ってるから制作依頼出してますけど?

なのに勝手に書き換えられた挙句、素人丸出しの勝手な修正されてたら、どんだけ心が広い私でもキレ散らかすわハゲ。

 

って話です。

誇りとかプライドなんてないから別に書き直される事自体は構わんよ。

ただね、私が書いたことにされるのが腹立つ。

私、そんな書き方、表現、しねーんだけど?

毎度のことで、ちょいちょい、掲載済みの記事の拡充リライトの依頼が来ることもあるのよ。

その時に、過去にあなたが書いたでしょ、直して!って体でくるのが腹立つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、私が制作依頼出した時となんか中身違うんですけど?

勝手に書き直したやつ、名乗り出ろ。1発殴らせろ。

と、立派な社会人の私は思うよ。※立派な社会人は暴力に走りません

 

こんぷらとか関係あるかボケこれは文句も言いたくなるわ。

中途半端に書き直すならハナからテメーらで1文字目から原稿書けや。

人がほとんど書いた文章に勝手な装飾加えるんじゃねーよバーカ。

 

 

 

久々に本音ぶちまけてしまったな。というかただの悪口だな。

同僚にも滅多に愚痴こぼさんねんけど、さすがに腹が立った。

前々からの鬱憤や不満もある。

やっぱ定期的に毒は吐かないとダメやね。

幸いと言っていいか分からんけど、私はブログに1回記事にしちゃうとスッキリして3日後には何書いたか忘れてるからこれでいいんや。

 

読者の方には、冒頭で見ないでね!と書いてるので、

それスルーして愚痴を読み、ストレス溜められても…すまんがそれはしらんがな(´・ω・`)って話なので。

 

ただこれだけは言いたい。

愚痴や不満はこまめに発散しないと危ないよ。※周りが

と常々思うから、半年に一回くらいは気持ちの整理しよ。

 

当ブログにおいては人間関係の不満愚痴は多いが、仕事に関することは極力避けてきたのよ。これでも。

だが今回ばかりは、ダメだったよ。キレちまったよ。

 

とはいえ、再三になるが、わいは薄っぺらいプライドしかないので少し経つとどうでもよくなる。

諦めが早いというか、怒りの感情もすぐ飽きるというか。

ある意味、一番いい性質かもなー。

 

 

ちなみに、鎌田魚妙(カマタナタエ)さんは江戸時代の刀剣研究家さんです。名前の区切りかなりの確率で間違われてるけど、かまた、なたえさんだよ。覚えといてな!

※自信満々だけど間違ってるかもしれない。間違いに気づいたらしれっと直すからセーフ。

 

※最近当ブログ見始めた方に言っておきます。投稿主はプロのライターやってます。会社所属なので会社のルール守らないといけません。その代わり安定して給料がもらえる。なので普段は愚痴とか不満も極力避けてました。たまには不満も漏れる。ちなみに私は黙ってるタイプではなく、不満が積もれば上に苦情出すタイプなのでそのうち苦情申し立てる予定です。泣き寝入りの人生とかクソ喰らえじゃボケ。

 

 

 

 

 

追記

例ではなんか、ふつうーのゴシップ系記事みたいな感じに見えますが私が担当してるのは歴史系の出来事になります。

なので書く内容は余計な文章は要らず、ただ事実のみを分かりやすく書くべきなのです。

なのに明らかに余計な文章足して、それで文字数稼いでるのが見え見えでたまに本気で辞めたくなる。

数時間後にはどうでも良くなるのでなかなか辞める決断できないんですけどね。草。

なんだかんだ、待遇がいいし仕事も8割は納得しながらできてるから、ここ以外ではもう働けない体にされてんのよ。やだー。

Copyright © 2018-2021 flowiron All rights reserved.