伝伝~セカンドシーズン~

三度の飯より金が好きだが金で愛は買えない。

物事は尺度次第やで【姓名判断の話】

※姓名判断の話とか私の生き方の話とか、いわゆるいつものやつです。長いので時間泥棒注意。

 

 

悩むだけ無駄!とかいう言葉がよく聞かれるけど、わしはそうは思わないよ(前置きなし本題突入)

 

 

なにせわし、最近、考え事しながらなんかすると、自然とズボラ脱出できることに気づいたからな。

 

悩むというか、考え事してる=普段やるのが面倒な家事をやるチャンス、という思考が出来上がっている。

 

だからわしは、悩むのはチャンス、と思うようになった。

 

 

こんなこと言うとるけど、わし、昔からしょーもないことでよく悩んでおったよ。

 

今考えたら、という話だが、当時は本当によく悩んでおった。

 

でも、それは今だから、自分のことだから言えること。

 

他人から、下らないとかしょーもないとか、言われたくはないんじゃよ。

 

他人から見たら、全然大したことないこともあるし、他人から見てもかなり深刻なこともあるだろうが、それは当時の私には、とても重要な悩みだったんだから。

 

 

考え方次第、という言葉は便利だなと思うんじゃよ。

 

物事を一面から見るのではなく、多面的に見たら、全く異なる答えや景色が見えることも多い。というか世の中そういうもんしか存在せん。

 

ゲームでも、トゥルーエンドは確かにあるが、要所要所の描写は人によって感じ方が違う。だからゲームの制作者は、あえてすべてを描写せずに、プレイヤーに考察の余地を与えることが多々あるのだよ。

 

答えしかない、一本道しかない、っていうのは、とても単純だから好まれるけど、

そういうのって、フィクションだけじゃなく、現実でも、つまんないんじゃよ。

学校の授業も同じ。教科書よんでるだけの先生の授業、つまらないもんな。

 

 

姓名判断って、知ってるかの??

 

一種の占いみたいなもんじゃが、信じる人、信じない人、ある程度は信じる人など様々に分かれるじゃろ?

 

かなり昔のわしの記事で、日本人は昔から縁起を大切にしてきた民族だと書いたことがある。

 

↓の記事

「名刀」じゃなかったら「妖刀」なんて呼ばれてないんじゃないのかな【独り言】 - 伝伝~セカンドシーズン~

【納涼】日本刀にまつわる怖い話【厳選3話】 - 伝伝~セカンドシーズン~

織田信長を「のぶりん」と呼び検索かけることが常識化してる仕事やってるんだけど - 伝伝~セカンドシーズン~

(略)

しかし一方で、不思議な体験をした阿部師範は、このように語っています。

 「日本人は、縁起を大事にする民族なので、基本的に縁起の悪い物は残さない。それは日本刀も同じで、ご先祖様の命を守った刀として、代々受け継がれてきたはず」

 もともと刃物類は、神聖な物と言うことは冒頭で述べましたが、儀式に用いられる以外に「護身刀」などの身を守る「お守り」の他、寺社・慰霊の場所などへ捧げて神や死者の魂を鎮める「奉納刀」など、縁起がいい物として扱われてきました。

 それはつまり、人を斬った日本刀もまた、裏を返せば持ち主の命を守った縁起物と言うことになります。

 現代において作刀される日本刀は、人を斬る可能性がある武器ではなく、見る人の目を楽しませるために鍛えられる美術品です。作刀工程において専門の職人が何人も携わり、最高の1振を作り上げますが、そこに憎しみや恨みが込められることはありません。それはつまり、これからの時代に刀剣にまつわる逸話が投稿されるとしたら、不幸や災いの出来事ではなく、「幸福が訪れた」「守護してもらった」などの明るい逸話が中心になる可能性を秘めているのです。

 

縁起が悪いもの、災いをもたらすものを破壊すると、それはそれで災いが起きる。ただそれは裏をかえせば「壊さなければ、粗末に扱わなければ災いは起きない」ってことやし、それはある種の「縁起物」やん、っていう考え方、超好き。

刀剣でも、名刀と言われて文化財指定されとる刀は実際に人を斬った痕跡もあるから「怖い」と思うのも当然。しかしながら、それも逆にいうと「所有者にとっては命を守った縁起物」だったわけで。

村正だって将軍家から忌み嫌われたというが、家康公は村正を子孫のために遺しているし、家臣団も村正の刀をじつは使ってたという話もある。史実かどうかは不明

 

縁起悪いものは遺さないんよ、って言われてから、私も「確かになー」って納得した。だから、オカルト板とかに「日本刀のせいで怖い目にあった!」という話が投稿されても、「ほーん。よくできた作り話やなあ」としか思わなくなった。

先述の過去記事内にもあるけど、「きちんと供養すれば怖いことは起きなくなる」のは明白なのだよ。供養の仕方が悪い、扱い方が悪い。刀に罪はあらず、使用者に罪ありき、って思う。これ今私が考えた名言だから流布してほしい。

 

 

上記と同じく、姓名判断もある種の縁起物。

 

昔から日本人は、吉凶をとても大事にしていたんじゃ。

 

それこそ、凶日だという日は戦の日程すらずらすほどにな。

 

現代人からすれば下らないことじゃ。

 

しかし、当時の人にとってすれば、とても大切なことだったんじゃ。

 

 

わしも姓名判断は、占い程度だからと思いつつ、

自分の本名、ハンドルネームで調べた時に

いい結果だったから、なんとなく目安にしている節はある。

 

しかし、それはあくまで、参考程度の話じゃ。

 

つい先日、婚約者仮と子供につけたい名前の話をした。(※プロポーズはまだされてません)

 

そのときに、彼は特定の漢字を付けたいと言ってくれた。

 

その漢字は珍しいものではないから、わしもその希望はアリだと思った。

 

しかし、そこで思ったことが、姓名判断的に合うだろうか?ということだった。

 

 

彼の苗字と、子に付けたいと思っている漢字をネットの無料姓名判断のサイトで調べた。

 

すると、画数として、とても名前が付けづらいことが判明した。

 

名前の1字目にその漢字を持ってくると、ことごとく凶を叩き出されたのじゃ。

 

は?ふざけんなね。って思ってあたしはそのサイトをクラッシュさせた。嘘です。

 

 

わしの名前は親が付けてくれた名だと聞いたことがある。

 

ちゃんと、どういう子に育って欲しいと願いを込めて付けてもらった。

 

そして、親は名付けをする際に姓名判断をしてもらった、といっていた。気がする。

 

だから、ネット上の無料姓名判断でも、とてもいい結果が出ている。当然だ。親が数十年前にちゃんと調べてくれたのだから。

 

 

彼からの希望を受けて、わしは姓名判断で子供の名前や、将来的に彼の苗字になる場合の自分の名前のことを調べて、とあることを知った。

 

近年のいわゆるキラキラネームは、こういうの(姓名判断)も原因だったりするのでは?と。

 

 

それというのも、彼が望んでいる漢字1字を名前に入れる場合、親切なサイトだと、こういう漢字にすると吉ぞ!といくつか候補を出してくれるんじゃが、

 

そこに出てくる名前、漢字3文字、ことごとくとんでもない当て字、クソみてぇな読み方が羅列していたんじゃ。

 

それこそ、いわゆるキラキラネーム。

 

一見、なんて読むねんってものばかり。

 

 

追記↓例を持ってきました。読めねぇ。

男の子編

f:id:flowiron:20210917113325j:image

 

女の子編

f:id:flowiron:20210917113328j:image

 

なんかなー、と思ったぞ。

 

確かに姓名判断の結果、凶があったら気にしてしまう。

 

しかし、それを避けるために、本来付けてあげたい漢字や願いを避けるのは、本末転倒ではないか?

 

 

だいたい、子女ならば将来、結婚に伴って苗字が変わるものだ。

 

男子であっても、婿養子となれば苗字も変わるだろう。

 

そのときに、相手の苗字になったら画数的に凶となるから、と結婚をやめるのか?

 

親もまた、娘や息子の苗字が変わったら運勢が悪くなる!と結婚を反対するのか?

 

 

そもそもの話、ならばほぼ1字+1字となる中国の方、ハナっから漢字を使用しない国の方々はどうなる??

 

そういった様々な疑問があったから、わしは姓名判断など気にしないで、各々願いを込めた名前をつけたいと思ったのじゃ。

 

とは言え、こんな体験談をガルチャンで見かけた。

 

 

自分の名前をネットの無料姓名判断で調べたら、凶だった。だから親を恨んだ。

 

画数が凶だと書いてあった、振り返れば確かに今までの人生良くないことが多かった。

 

周りの人で怪我をしやすい人や体調を崩す人は画数が良くなかった。

 

等々

 

 

一方で、上記体験談に対して以下のようなレスも見られた。

 

他人の名前を勝手に調べて、いちいちその人の人生の幸か不幸かを、勝手に決めつけてるのキショいわ。

 

運勢占いや血液型占いと一緒で信じまくってる人、簡単に騙されそう。

 

同姓同名の人はみんな同じ人生送ってるって思ってるのかな?

 

等々

 

 

姓名判断の結果の良し悪しは、蔑ろにするべきではないとは思う。

 

だが、それを盲信したからって、我が子が立派になるとは限らんよ。

 

グレることもある、落ちこぼれることもある、犯罪を犯すこともある、引きこもりになることもあるだろう。

 

反対に、凶だと結果が出ても、平凡に幸せに暮らしている人だって少なくない。

 

名前ごときで人生の全てが決まるなら、全ての人が改名したがるだろう。

 

この関連話はあまりよくないかもしれないが、過去に有名な人から改名を勧められた芸能人、

 

いまことごとく、テレビで見かけない。

 

なんならば、改名しなくても、テレビで出てないだけで、どさ回りなどにより人気を博している芸人もいる。

 

 

つまるところ、名前ではなく、本人次第、環境次第ということは明白なのだ。

 

自分の人生がうまくいかない、ならば環境を変える努力だけをするべきなのだ。

 

活躍の場が変われば、才能が開花することなど珍しくもないのだから。

 

 

ここまで口上述べてはいるが、わしは将来、子が姓名判断をやって凶が出たら恨まれるし嫌われるとは思うのである程度は吉、になるような名前を考えるつもりではいる。

 

子供は友人との繋がり、会話、体験、対応が人生の全てになる。

 

そのときに、友人から嫌なことを言われたら、その恨みの矛先は親に向くものだ。

 

たとえ大人からしたらバカバカしいことでも、子供にとっては重要で深刻な悩みになる。

 

もしかしたら、将来的にそれを理由にして改名したいと言われることもあるかもしれない。

 

しかし、それもまた子の選択。

 

親としては悲しくショックなことだが、子の悩みが一つ減るなら好きに改名するといい、と返せる気はする。今はその自信はある。

 

結局、わしはこれまで好き勝手生きてきているせいか、他人が自由にするのを批判すると言う思考があまりないのじゃよ。

 

何かしたいと言うなら応援するし、辞めたいと言うなら引き止めない。

 

この考え方がそのまま教育に反映されるかは分からんが、

 

わしが自由になったのも、元を辿ればそう言う環境に身を置いていたからだと理解しているのだ。

 

 

親は、昔から学校の成績に関して怒ったことがない。

 

小学生時分はずいぶん口うるさく言われたから勉強したが、その結果、ガチで泣きながら算数やって、他の勉強も嫌いになって、勉強したくないと思って登校拒否した経験がある。

 

その件があって以降、中学高校、どちらも並〜下くらいの成績でも、親は口うるさく怒らなくなった。

 

専門学校を中退するときも、バイト先を辞めるときも、転居しまくってたときも、全く怒られなくなった。

 

好きにしたらいい、と放任してくれた。

 

なんなら今現在も、ちょいちょい連絡をくれるし、体調が悪いと一報を入れると親便が食料等運んでくれる始末。

 

世間の人から見たら甘ったれのクソ野郎だと自分でも自覚がある。

 

しかし、親のそう言う態度のおかげでわしは、かろうじて生きてるのだ。

 

せめてものお返しと、誕生日や祝日の記念日等には、雑貨や食べ物を贈ってはいる。

 

親から施された恩には到底足りないが、喜んでもらえている。

 

 

わしは負け組とは思ってはいないが、名実ともにワープアじゃ。

 

だから、これ以上の恩返しはもう物理的に厳しい。

 

正規社員という生き方がわしにはどうにも、無理。飽きるのが早い(仕事を覚えたら飽きる)、人間関係がどこいってもうまくいかないからだ(仕事覚えるのに必死だった時は気付かなかったが、特定の人の手抜きや対応の違い等、そういうのが見えるようになって結果嫌になることがあまりに多かった)

 

こんなんでも、過去よりはだいぶ生き方もうまくはなったが、自立とは程遠い。

 

しかし、刷り込みというか洗脳というか、そういう関係性がわしら親子には出来上がっているから、もはや今更変えられないのだ。

 

もしもわしが正規社員として10年以上勤めていたなら、貯金もかなりできてもっと盛大に親孝行してあげられたろうな。

 

だがもう手遅れであるので、タラレバ言うのは終いじゃ。

 

 

こういう感じであるから、自分の配偶者の好きにさせられる自信がある。

 

ただ、同じ轍を踏ませる気はないから、締め付けない程度に、地に足つけて生きられるよう支えられたらとは思うのじゃ。

 

幸いなことに、婚約者仮はわしとはまるきり反対の人である。

 

絵に描いたような真面目、という言葉がよく合う。

 

かと言ってユーモアもあるし、少しズボラなところもある。

 

ノリや思考パターンは割と近いが、あちらは勤続年数=大卒から1社でずっと働いてるという、生き方がわしと真逆の人。

 

 

さて、我が子となる者は果たしてどちらの人生に転がるだろうか?と変な楽しみを持っておる。

 

男の子でも女の子でも、その子が伸び伸び楽しく暮らせるよう、最高のサポーターになるのが目標じゃな。

 

こういう思考を、アート関係の知り合いも褒めてくれたことがある。

 

誰かから見たら、イヤだめでしょ、となるだろうが、そこはもう各家庭の教育方針ということで見守っていただきたい。

 

 

プロポーズもまだされてませんけどね。でも結婚指輪は来月作りにいきます。オーダーメイドできるお店だっていうからね。なので早ければ年内に結婚指輪嵌められます。プロポーズまだなのにね。どうなってんだ今の状況。

 

 

こういうふうな人間は、知り合うと面倒だと思うが、全く赤の他人、見知らぬ人と思うと面白いとは思いませんか?

 

なんやこいつムカつく、という人もいると思いますが、それこそが、物事の尺度の違いです。

 

流行りの多様性、それを知る手がかりにもなると思う。

 

自分の常識は他人にとっての非常識、を今一度意識して、しっかり考え方アップデートして、今後も自由に生きるっぺ。

 

 

 

 

 

 

追記

そうだそうだ、姓名判断の話で、気にする必要ないって言ってしまえる最大の根拠書き忘れましたね。

 

私です(^。^)

私は本名もハンドルネームも、吉や大吉しか出ません。

でも見てよ、ワープアです。

他人から見たらクソ程底辺な人生でしょうね。

ところがどっこい、好きなことたくさんさせてもらってきたから、私自身は実はかなり幸福な人生でした。

そら、途中で傷病手当もらったり自害を考えた期間もあるけど、

私の過去のことを話してもドン引きしない、一緒にこれから生きていくと思ってくれてる婚約者仮にも出会えた。

交友関係ズタボロだけど、少数精鋭の人たちと気兼ねせず仲良くしてもらえている。

 

最高の人生、と私は言える。

でも、他人から見たら最低の人生でしょうね。草。

 

どんだけ画数的に良い名前をつけてもらっても

100点満点の人生なんてありえないです。

これだけは絶対にと断言するけど、それは私以外の人間もそうだと言えます。

どこかで諦めたり、悲しい思いをしたりすることは誰しも経験する。

でも、環境を変化させる(転職、転居等)だけで、好転する。

 

私がまさにその典型例です。

今までは長くても1年ちょいしか勤められませんでした。

でも直近の仕事、ライター業に関してはトータルで3年弱勤められてます。

はじめは時給780円でした。

でもいまは、時給1400円超えました。

 

底辺なりにコツコツ、地道に生きてきて、いまはさらに幸せになろうとしている。

 

結局、物事の尺度次第で、人生の幸や不幸は決まるのだよ。

私は誰になんと言われても、好きなことたくさんできたから楽しい人生送れたよ。

だから、こんなこと今はもう言ったらダメなんだが、いつしんでも未練がないと思う。

そらもちろん、配偶者のこと考えたらやっぱ生き"た"い"!!!!ってなるから多分矛盾してるけど、

少なくとも今の時点では、独身貴族としては100点満点の生き方できたわ。

 

でも、親や家族から見たらどうか。

私は失敗作に違いないだろうな。

親はそれでも見放さずに支えてくれたけど、

親戚とか近所の人からは、私はゴミクズと思われていることだろう。

 

他人からの評価が大切、他人から見たら不幸ならそれは不幸か?

自分が幸せだと感じているなら、家族や他人の意見などどうでもいいと思えるか?

 

そんなこと考えたらもう不毛だよ。ハゲは植毛しろ。冗談は顔だけにしろ。

 

私の名前は、じゃあ、成功?失敗?

 

ほらな、姓名判断ってアテにならん

自分の意識次第だわ。

 

と、主張したい。

私の考え方は共感されるとは思わないが、完全に否定もできないだろう。

視野広げたら、見えるものばかり。

 

どんなに姓名判断で吉が出ても、

私は虚弱体質だし辞め癖あるしすぐサボるし飽きるし人間関係も自分からぶっ壊すから、

自分次第、環境次第です。

 

ちなみに、私のネガティブな部分を親や名前のせいにしたことはないです。

親や名前のせいにしても、現状なんも変わらんのです。

そも、そう選択したのは私だから、運命的なものを感じたことも全くない。

私の選択を、神様の選択だと思われるのは腹が立つのでやめてほしいですねまじで。

 

こんなんでも、責任感はちゃんと備わったので、ある意味成功。

 

なんかとりとめないから終わります。

10000000000000000000円降ってこねーかなー。あーあ。

 

 

 

Copyright © 2018-2021 flowiron All rights reserved.