伝伝~セカンドシーズン~

三度の飯より金が好きだが金で愛は買えない。

「逃げていい」じゃなくて、「逃げたあとにどうするか」が大事だと思うの

毎年、夏休み終わりの時期に、ここ数年は特に見られるようになりました。

夏休み明けた直後、子どもたちの自殺が増加する、という悲しい報道。

 

ヤフーニュースとかでも著名人が「逃げていいんだよ」とすごくたくさん呼びかけてるのを見かける。

 

私もその意見は大いに賛成です。プロフリーター自称してますけど、私の場合「逃げのプロ」みたいなつもりでプロフリーターやってます。

 

ただね、記事タイトルにもしましたが、それから一歩先まで考えないとだめだと思うんです。

 

逃げて、そのあとどうすんの?って。

 

学校も仕事も、とりあえずまあ、休めばいいんです。

でも、本人はね、「いまは良くても、また明日、明後日・・・行かなきゃ・・・」って不安がすごいんです。私も経験してますから分かります。

 

その場しのぎにしかならなくて、問題を解決しなきゃ、永遠に行けないんです。

 

逃げたら負け、とかそんな発想してないんですよ、当事者って。

 

「逃げても、なんも解決にならない」って分かってる。

 

でも、誰も助けてくんねーの。

 

親や友人に相談すればいいって簡単に言ってくれるなよ。

 

簡単に言えねーのよ。

 

信頼してないとかじゃなくて、なんて言ったらいいか分からんとかもあるのよ。

 

あと、過去の経験則から相談できなくなってることもある。

 

余計なアドバイスしてくるんですよね、相談された人の大概がね。

 

それできたら苦労しねーんだよ!ってこと、他人だから言えるんだよ!ってことね。

 

※追記

余計なアドバイスだけじゃなくて、最悪だと「甘えるな」とか「それはお前が悪い」みたいな、説教かましてくるバカもいるよね。うるせーんだよそんな言葉で余計に追い詰めるなよってブン殴ってやりてーわ。

ついでに高確率で「お前より辛い思いしてる人もいる」「お前だけが辛い思いしてるわけじゃない」とかワケわからん比較されることもある。そんなの慰めにも腹の足しにもならねーんだけど何が言いたいんだ?お前のなかの常識・基準で俺の人生勝手に決めつけるなよって心底から軽蔑するわ。

 

それが本当に私も参った。

 

それと同じで「逃げていい」って言う人は正直、無責任だよ。

 

逃げたとして、じゃあその後は?結局、自分でどうにかせんと解決せんの。

 

子どもたちは、視野は狭いし経験も少ない。

 

学校とか家庭とか、限られた世界しか知らないし、その世界がすべてだと思ってます。

 

視野を広げれば、世界はとんでもなく広いんだけど、それを知らないんです。

 

そんなとこ、おらんくてええねんで、って、手を差し伸べて、連れ出してあげられなきゃ、

 

そら、生きるの嫌になりますよ。

 

 

なので、周りの大人がね、逃げ道の先を作らないとあかんのです。

 

問題を解決するのも大事だけど、まず心を保護するの。

 

「ひとまずこちらへどうぞ。一息ついて。あとのことは少しずつ、一緒に解決しよう」

 

そういう場所が必要なの。

 

 

逃げろっつったって、どこへ?部屋に引きこもるだけじゃなんもならん。

 

一人でいると嫌なことばかりがフラッシュバックする。

 

かといって、誰かに喋ると「余計なアドバイス」してくるから、それにもうんざりする。

 

じゃあもういいや。

 

ってなるんです。 ※私の場合。ただし私は死に損なってるからこれはただの一例

 

 

去年か一昨年にも書いた気がするけど、「逃げたあとに居られる場所」がないとどうしようもない。

 

探せばいまなら、結構あると思うねんけど。

 

大人でも、鬱になれば、行動できなくなる。

 

車や金があっても、移動できなくなる。

 

まして子どもで、移動手段も金も限られてて、どうやってそこへ行けというのかね?

 

 

なんか、ズレてんだよなー。

 

って、「逃げていい」ってアドバイスしてる著名人の人たちみて、申し訳ないがそういうふうに思いました。

 

私が言ってるのもただの理想論です。

 

どうやってそんな施設作るの、人を雇うの?それとも日本芸「ボランティア」でタダ働き?

 

私も金があったら、施設作る、相談乗る、ただ話聞く役やりたいですが、ワープアなのでできねー。すまん。

 

金持ちは、どうかそういう施設とか作ってよ。

 

で、作るだけじゃなくて、悩んでる人たちのもとに直接行ける体制とかも整えてほしい。

 

私はアイデアだけは出せるから。金はねーけど。

 

えーと、とりあえずまとめると、

 

余計なアドバイスは要らんから自分がいられる場所を下さい。

 

これに尽きるから、大人は頑張ってそういう施設なり人材なりを用意してください。以上です。

 

 

 

 

追記

流れで思い出した。「自分の本当の気持ち」を知る方法を一応書いておきます。

半年くらい前にうさんくさい人たちからこの技だけ盗ませてもらって音信不通決め込んだので、ぜひご活用下さい。

 

①紙とペンを用意する

②いまの自分の気持ちを書き出しまくる。

↑なんでもいい。悲しい、ツライ、苦しい、しにたい、お腹空いた、あいつがウザい・・・本当になんでもいい

③書き出した単語(もしくは文章)に対して、

 

「なんでそう思ってるの?」「どうして?」

 

それをひとつずつ、自問自答する。

 

これなんか、正式名称あったなー。忘れたけど。

自問自答するってのが大事で、これをやると、自分がよく分からなかった部分、思いが可視化します。

問題の解決までは至らなくても、「言葉に出来ないけど、苦しい気持ち」の根底が見えます。

 

やり方が分からない人用に私が立った今思いついたやり方を書き残しておきます。↓

スタート→いま不安

何で不安なのか→将来が見えない

将来がどうして見えないの?→今の生活が不安定だから

今の生活が不安定な理由は?→ずっとフリーターをやってたから

フリーターになったのは何故?→やりたいことがあった、色々なことをやってみたかったから、正社員より辞めやすいから

やりたいことって?→プロ歌手になりたかった

どうしてプロ歌手になりたかった?→自分が唯一特技と言えるのが「歌がうまい」ことだったから、友人から「○○の歌声好き」と言われて自信がついたから

歌が上手だったのは何故?→昔から音程は取れてたけど、ボイトレに通って歌唱力を上げたから

歌うことは好き?→しぬほど好き

なぜ歌を歌うのが好き?→大声出せるから

普段は大声を出せない?→腹から声出せるのが歌だけ、普段は喉から声出してるから声が通らない

どうして普段は喉から声を出す?→自分に自信がない

どうして自分に自信がない?→正社員じゃないから、フリーターだから、体型がイマイチだから、地声が可愛くないから、不安障害だったから

不安障害になったのは何故?→勤め先でいじめられた、当時住んでたマンションで騒音トラブル被害者になってメンタル壊れた

いじめられたのは何故?→恐らく私が若かったから僻まれた

その職場では問題が解決した?→上司まじえて話し合いしたけど、加害者の人は懲りずに無視してきたので即日辞めた

即日辞めてその後はどうした?→1年くらい休職した

社会復帰したきっかけは?→このままじゃダメだと思った

どうしてダメだと思った?→年齢的にも、親たちへ心配かけたくなかった

なぜ心配かけたくなかった?→それまでも何度も迷惑・心配かけてきてたから、変わりたかった

なぜ変わりたかった?→辛かったから

変わることはできた?→ある程度は

それはなぜ?→自分の性格を理解して、得意なことや不得意なことを自分で見つけて、自分に合ったことを見つけられた

自分に合ったことって?→最低限の人間関係で済ませられる職場で働くこと、できれば自分の特技を活かせる職種

その職種とは?→昔から文章書くのが好きだったから、ライターをやってみたかった

どうして文章を書くのが好きだった?→小説を書くのが趣味で、気付いたら好きになってた

小説を書き始めたきっかけは?→高校生になって「夢小説」の存在を知って、「自分が主役」になるという面白さを知ったから

どうして面白いと思ったの?→自分は目立つのが苦手だったから、自分が主役になる優越感とかが半端なかった

どうして目立つのが苦手?→人前に出ると緊張して頭が真っ白になってめちゃくちゃ汗かくほどあがり症だから

なぜ緊張しすぎてしまう?→人が怖い

どうして人が怖い?→悪口を言われるかもしれない、笑われるかもしれない

どうしてそんなことを思う?→小学生の頃に親しかった友人が陰で私をバカにしていた

何故バカにしていた?当時天然くるくるパーマだったのを、「藤井隆みたい」と言われていたらしい

それを聴いてどう思った?→藤井隆べつに好きだからフーンと思ったけど、陰口言ってた本人が泣いているのを見て「泣くくらいなら最初から言わなきゃいいじゃん」と他人事みたいに思った

 

↑これくらい繋げて、これ以上広げられないな、となったら今度は上記内容から別の切り口を探して続ける。

 

マンションの騒音トラブルって具体的に?→上階の人の真夜中の振動音。わざとではないのは分かるが、当時私の部屋は家電が最低限しかなく、防音もばっちりすぎた。音ではなく「振動音」によってメンタルが壊れた

その後はどうした?→不安障害と診断されて約3年休職した

不安障害の具体的な症例は?→人目が怖い、悪口を言われている、笑われている、攻撃されるなどの被害妄想。不眠症、過食など

どうやって克服した?→投薬治療を続けてたけどあるときにふと「これじゃダメだ」と気付いた。それまでは散歩に出るようにしたり、趣味を適当にやってたけど、環境を変えたいと思った

環境を変えたらどうなった?→少しずつ回復した。途中で治療やめたからいま現在でもたまに人の笑い声とかは怖くなるが、前よりはマシになった

また不安障害にならないようにするためにどんな努力をしている?→人を信じる、意外と人は怖くないと思い込む、人は親切な人のほうが多いと言い聞かせる、攻撃されたりする場合は自分にも原因があったとちゃんと省みる

 

行き詰まったのでここまで。

やり方、これで分かるといいんですけど。

とりあえず、頭の中でもやもや考えてるより、紙に書き出したり、ボイスレコーダーに吹き込んだりして、一度「客観視」できるようにするのが重要だと思う。

誰にも話せないって思ってる以上に心に負荷かかってるので、

吐き出さないと、そら、潰れるよ。

 

ちなみに大層なこと書き連ねてますが私は一介のウェブライターです。

メンタルヘルスマネジメント検定でも受けようかなーとは思うけど今のところ、心理系のお勉強はまだやってません。

ただ、色んな職場行って、色んな人とかかわって、いろんな出来事経験したその経験則があるから、わりと俯瞰で物事を見られるようになった。

 

堂々としてればええんやってことと、

人って、殴ればご臨終する程度にはみんな平等に弱い(自分と対等)なんだってことを意識しながら生きてます。

ふざけてるように思われるかもだけど、わりとこれが私には効果的。

鈍器で殴ればタヒる存在、それが人。

それは同級生、同僚、先輩、上司、先生だーれも変わんない。

だからそんなに卑屈にならなくていいし、自信失うことはない。

 

私の生き方は決して自慢できるもんじゃないし、正規社員として長年勤めてる人たちにしたら「負け組」みてーなもんだろうけど、私は自分を「負け組」なんて思ってないよ。

なにせ、いまこうして堂々と生きてんだからね。

柔軟に意見受け止めて、日々自分の考え方をアップデートしてるんだからね。

大人になると、自分の考え方を変えるってスゲー難しいんだけどね。

それができる時点ですまねーけど俺のが偉い(たった数行で矛盾)って思ってる。

思うだけで言ったりせんし、下になんて見てない。

むしろ道歩いたり買い物したりするときは「私なんかがシャバ歩いてすんません」くらいに思ってる。やっぱりまだ病気だわ。治ってねーじゃねーか!ってなるけど、

そういうのも、個性っぽくておもろいと勝手に思ってる。

 

久々に4500字超えの記事書けて勝手に満足しました。ありがとうございました。

1個申し上げたいのはね、本文最後らへんに書いたけど、あれは本心だよ。

金や機会があれば、逃げ場の施設作りたいし、話聞いてあげたいなと思ってる。

方法がわかんねーからただの願望だが。

私は聞き上手だから、話、なんでも聴くよ。

余計なアドバイスもなく、ただ相づち打つだけ。

だから、お喋りマシーンの人からよくターゲットにされる。

そのじつ、右耳から左耳に話してくる内容全部抜けてるから何一つ覚えてねーけど。

 

そのうちココナラあたりでそういうサービスもはじめてるかもしれん。

そのときは「王様の耳はロバの耳ででてくる穴」とでも思って、気軽に依頼してほしい。

1コインで愚痴、不満、悩み、「聴くだけ」します。って。

 

そういう、「聴き屋さん」って一定数需要あるんだよな、実際。

しかしできれば、私は金を直で貰うより、カフェとかでお茶飲みながら話してもらって、その場での会計を奢ってもらう、そういうスタンスのほうが好きなんだけどね。

一応、この世の中、「何かを得るためには何かを犠牲にする」という、ハガレンでおなじみの「等価交換」が原則なんで、謝礼みてーなもんは必須だということだけは、広くお伝えしたい。

タダより高いもんはねーよ。

 

というのは、私が最近書き換えたブログ説明「三度の飯より金が好き」でも分かって頂けたらいいなと思う。

 

この記事、誰かの役に立つといーな。役に立たなかったらごめんね。また今度役に立ちそうな記事がんばって書くわ。文章書くときってべつに頑張ってないけど。頭に浮かんだ言葉バーッと書いてるだけだからね。約2時間で5000字くらいかなあ。はえーかおせーかわかんねー。

 

以上だ。解散。

 

 

Copyright © 2018-2021 flowiron All rights reserved.