伝伝~セカンドシーズン~

三度の飯より金が好きだが金で愛は買えない。

気付いてしまったのだが【ただの愚痴】

結婚相手探してたはずなのに知り合う人がちょいちょい「アーティスト(芸術家)」系の人なのはあれなの?そういうご縁だから?なにかの波長で引き寄せているのか、引き寄せられてるのか分からんけど、恋人じゃなくて「独自の世界」が広がる人脈が広がってってる。なんでや。

 

そして生き方、前々から不器用だなって思ってたけどそれ以上に不器用すぎる分野を今更知った。

ワイ、恋愛下手くそだわ。草。

 

良い意味で素直、悪い意味で振り回しすぎる機雷がある。

駆け引きとか出来ないから余裕で自分の感情を伝えてしまうんだけど、

おかげで逃げられる🤔なぜ逃げる?

 

自己分析したんだけど、ワイはたぶん、人をリスペクトするからいけないんだろうなと思う。

どんなに嫌な人でも、性格アレな人でも、「でもこの人、この部分がとても尊敬できるんだよなあ・・・」って思っちゃう。

偽善的な考えだと思うけど思っちゃうもんはどうしよもねえ。

そら、人からすれば「すごいこと」かもしれんけどそのせいで憎みきれないし嫌いになりきれないから、どんだけ相手から悪口言われても嫌われても、こっちは嫌いになりきれないからただただ苦しい。ふざけんなって、思うのは相手ではなくワイの心。すげーーーーーー生きづらいなって思ってたよ。

 

ハレグゥってギャグ漫画が昔あったんだけど、

それに登場するリタって女の子がね、なんかすげー考え方が似てたのよ。

「誰にでもいい顔して、八方美人で嫌なやつなの!」ってリタは自称してたけど、

それをハレは「嫌いになれないくらい、優しいんだ」って言うの。言ったか心で思ったか忘れたけど。

 

嫌いになれないって、すげーしんどいのよ。

相手のいい部分を見つけるのが得意です!って、そらその面だけなら特技かもしれん。

裏を返せば、悪い部分が大半だとして、縁を切ったほうが身のためと思っても、

罪悪感がね、わいてくるの。

感受性が豊か?違う、そんな高尚なもんじゃねえ。

ただ、「自分がされたら嫌なこと」がしたくないだけなんだよな。

 

嫌われたくないなー、負の感情抱かれたくないなー。

て、利己的な考えがあるから、陰口はできるだけ、控えるようになった。

女が多い職場だと、陰口を平気で言い合うんだよ。

それが嫌でやめたバイト先もあるんだよ。

受け流す、スルーするってこともやっているけど、

そういう悪口、陰口で出てくる言葉のせいで、

少しずつ、私も感化されて、「ああ、あの人たちが言った通り、あの人ダメだな」って、思い始めちゃうの。

そうすると、「結局ワイも性格悪いな」って、自分に嫌悪感抱きはじめちゃうの。

で、最終的にメンタルがクソザコなワイは病むの。

病んで仕事やめちゃうの。

 

生きづらくない???????????????って何回自問自答したか知らん。

年行って少しは落ち着くかなと思ったけど、根本の考え方が柔軟にならんとこんなもん、勝手に、自然に変わるわけがないんだよなあ。って思う。

 

よく言えば優しいんだろうな。

でも、そのせいで自分を責めるのは、ただただしんどい。

 

そしてワイの場合、行き着く先が、「文章で発散する」「作品にぶつける」なんだわ。

呪いたいくらいむかつく相手が出現するたびに、自分が抱く嫌悪感と罪悪感を作品だの言葉だのに変えてしまうのだ。

これがなかなか効くからオススメ。

 

なにこれ?ってもんでもね、

「アート」って言っとけばとりあえずオッケー!みたいな風潮あるの。

正直、私がつくる作品とか、誰かに意図を聴かれたらその場で「アドリブで」こういう意図で作りましたって言ってるとこあるよ。

もちろん、作家さんってそんな適当に作ってるわけがないので、あくまで私の場合は、の話。

言葉で言い表せられないくらいグチャグチャになった感情を具現化してるだけだから。

だからね、作品を造ってるときはすでにちょっと熱さめてんの。

一番、熱があるのって、「くそがー!こういう作品つくってやる!」って構想~着手し始めのときだけなの。

だから私が手がける作品って名がつくもんは、完成までに長時間かかってないの。

だいたい長くても数時間で完成させちゃってる。

情熱が続かないから。

よくもわるくも、さすが「即飽きる」がブログ名になってるだけあるな、って自分で感心するんだけど。

 

とはいえね、とは、言えよ?

「心のもやもや吐き出したい」って動機のもとで生み出してるわけだから、

それはもう立派な「作品」でしかないの。

時間かかってるか、その真意が深いかとか、関係ないの。

だから私は色んな人に「趣味がないなら作品つくれば?」って気軽におすすめしちゃうの。

だって、ただぼんやりテレビ見たりスマホ見たりして過ごす時間、もったいない。

そんな時間があるなら、「いまの気持ち」を作品化したらいいのになーって思うねん。

私はその通りにやってる。

 

別に大層な道具を揃える必要はないのだよ。

ポストに入ってたチラシに、100均の赤ペンでなんか一言言葉書く。

それだけでも十分「作品」なんだから。

 

誰かに認められたくて作品造ってる人って、少ないよ。

アートでもなんでも、「自分がつくりたい!」って思うから、つくるだけだもの。

1個造って満足!やめる!でもいいし、

もっとつくりたい!今度はこういう感じで!って、際限なく作り続けるのだっていい。

比較対象は不要。自分がやりたいか否か。それだけ。

 

っていう、適当なことばっか言うてるから、それが生き方にも、恋愛観にも反映されちゃうんだろうなって気付いたよね。

のらりくらりだけど、自分のなかに1本芯があるのはじつは分かってんだ。

それを最近、マッチングアプリで知り合った方からも指摘されたから、確信した。

だからワイは自分を隠すのをやめたんや😘

隠してても、いつか知られるかもしれんし、

それでドン引きする相手なら、それまでの縁だったんやって思うことにした。

正直なところ、ワイは多分、一人でも生きていける。

経済的な意味じゃなくて、一人でも楽しむ才能があるから。

 

だがしかし、まだ若いウチに経験できることは、なんでもやりたいんや。

それがワイにとっては、結婚、妊娠、出産、子育てなどが該当した。

だからちょっと前まで一人で生きる気だったのを、改めた。

経験できることはなんでも経験したいという好奇心だけは何年経っても変わらんので、

かといって、無責任なことは絶対にしたくないから、趣味自体も前より減らしている。

それがソシャゲだったり、食べ歩きだったりする。

貯金があんまねーな、って思ったから、これまで買った大層な機材で作品作って売るっていう副業もはじめた。

行動力だけは誰にもまけねえ、って自負がある。

 

あとはあれだよね。

自信もつ。

これも、知り合った方から言われたんだけどね。

「自分を信じること」なんだね、自信ってね。

何当たり前なこといってんの、って、思わなかったわ。

目からうろこだったわ。

そういえば、そうじゃん。って気付いたんです。

自分を信じられない人が他人から信用されたいって、おかしいわね。

だから、小さいことから褒めるようにするっていうのもはじめた。

今日もちゃんと朝ご飯食べられた!とか、

いつもより創作のこと多く考えられた!とか、

そーいう、日常の些細なところで自分を褒めるようにして、自信つけたろ、って思いました。ハハッ!

 

ポジティブ自称してるけど、どっかしらでまだ自信ないのは分かってたんです。

どーやったら自信つくのかっていったら、堂々としてることしかないんだな、と。

仕事でも、作品でも、どうにも自分が「つくってる」もんって、人と比べると劣ってる気がしていたのだけどね、

そういうので、「比較するのをやめる」ってのも、大事なんだな。

比較するから苦しくなるし、劣等感抱くし、嫌悪感抱くんだよ。

自分は自分なんじゃ!って思って、人と比べるのやめたら、多分、勝手に自信つくんじゃないかな。

頑固すぎるのもよくはないけど、「芯をもつ」ってのだけは忘れちゃいけないなと思うねん。

他人からのアドバイスを程よくきいて、自分の良さに、どうしたらそのアドバイスを加えてより良くなるか。

そういうの、ゲームの攻略みたいでちょっとたのしい。

逆にそういうのが面倒くさいとか、自分の意思は絶対!って人には創作活動は不向きかもしれない。

ゴーイングマイウェイすぎると、人は離れちゃうので、ほどほどに。

 

っていう3300字超えを今日も20分~30分で書いたところでまたこんど。

笑えるコピペは今夜か明日に更新します。もうちょっと待っててね😘

 

Copyright © 2018-2021 flowiron All rights reserved.