伝伝即飽

私の中で話題に!(紹介7割/まとめ1割/他1割)

抜刀術は「向き」覚えると楽

フィッシャーズさんが抜刀術に挑んでる動画見て、

普段、なんとなくしか学習してなかった「刀の向き」について

改めて意識できたからやっぱちゃんと刀扱ってる姿は「動画」で見ないとダメだな。

 

↓こちらが抜刀術習ってる動画

www.youtube.com

 

日本刀には、大きく分けて太刀打刀がある。

太刀は、馬上で使うことを前提にしている刀。

太刀緒と呼ばれる紐で腰から「吊す」ことで持ち運ぶ。

鎌倉時代とかの主流はこっち。

 

打刀は、徒歩で斬り合うために作られた刀。

腰帯に「差す」ことで持ち運ぶ。

戦国時代以降、江戸時代とかもこっちが主流。

 

で、動画見てて気付くと思うけど、

打刀は、腰に差したとき、刃の向きが上向きなんよ。

刃の向きが上で、棟(むね・・・「安心せい、峰打ちじゃ」の峰と同じ)が下向いてる。

太刀は反対に、刃が下向き棟が上向き。

ちなみにこれは博物館とかで、展示するときの向きと同じになってるから覚えとくといい。 ※柄に納める部位である茎(なかご)の銘(めい)の位置によっては向きが逆になってることはある ※銘は、刀の茎に彫られている(正確には「銘を切る」と表現するので「切られている」)制作者や制作年代のこと)

 

メンバーの人たちも最初は刃の向きが分かってなくて、

ちょいちょい、逆向きで鞘に収めようとしてる。

刃や棟の向きが分からないとたぶん、誰でもこうなる。

でも、向きを意識しはじめたら、わりとすんなり鞘へ納められるようになってる。

 

向きって大事やね!

私は職場で抜刀術は習ってないし、そも今はテレワークで刀の実物も見られないしで、

正直、静止画や文献などの文字でしか認識できてなかった。

でも、動画で改めて見たら、やっと向きのイメージが掴めた。

気付かせてくれてありがとうフィッシャーズさん!!

 

私はほんまポンコツなんですが、こんなんでも日本刀の知識系の文章ちゃんと作成してるのでセーフ。精度は自信ない(最近有識者も退職しちゃったしネ・・・)

ポンコツでもポンコツなりに少しずつ学んでいけたらと思う。

 

あと、アニメしかみてないからあれなんですが、

鬼滅の日輪刀はたぶん、厳密には日本刀じゃないと思うのだな。

そもそも刀身がないのもあるし・・・鬼滅に限らず現実重ねてしまうのもアレだけど、

 

投稿主的にガチめの「日本刀」の分類と思ってるの、

斬鉄剣ととうらぶの刀とFateの刀・・・あたり。

なぜ斬鉄剣って思われるかもだけどあれは私の中では日本刀だと思う。切れ味良すぎだけど。白鞘(※しらさや・・・日本刀を保管する際に用いる鞘や柄)に入れたまま使ってるけど。白鞘は保管用の入れ物だから、あんな激しく使ったらぶっ壊れる定期。

そも、作中でちゃんと「玉鋼使って作ってあります」って説明がないなら日本刀とは認められんなあ!?(めんどくさい思考)

 

上の動画で、字幕に「真剣」と「日本刀(真剣)」って書いてあったと思うけど、こういうのの違い。

真剣だからって日本刀とは限らないのです。

どういうこっちゃってなるかもだけど、

一応、現代の基準では「日本刀は、日本で作られた刀」だけじゃなくて、

「原材料に玉鋼使ってる刀」ってのも定義のひとつになってる。

玉鋼は高価で優れた鉄塊で、現代の刀工に毎年限られた量が「日本美術刀剣保存協会」の製鉄所「日刀保たたら」から配られる。

で、刀工はその玉鋼でいわゆる「本物の日本刀」を作る。

でも、日本刀(玉鋼抜き)を作ることも無論可能だから、

そういうのは「模造刀」とか「真剣」と呼び方を変えて一般にも販売されてる。

ただ、値段も価値も段違いだよって話。

 

ちなみに模造刀って聞くとおもちゃの刀で実際には切れないでしょ、

って思われるかもだが、

普通に切れる模造刀もありますので注意したほうがいい。

いずれにせよ、銃刀法違反になるので屋外に持ち出すときは気をつけないとダメ。 

 

というかんじの雑学を色々、この一年で覚えました。ちなみに今これ調べず記憶だけで書いてるから多分間違ってる。気付いたらそのときにしれっと訂正します。

 

関連記事

www.dendensokuhou.com


Copyright © 2018-2020 flowiron All rights reserved.