伝伝即飽

私の中で話題に!(紹介7割/まとめ1割/他1割)

【朗報】徳川家、宗家も支流も面白い

ソースがほぼ全部ウィキペディアなので気になる方は徳川家の人々をウィキペディアで見ていただく方向でよろしくお願い致します。

 

親切な投稿主がリンク置いとくぞ♡

ja.wikipedia.org

 

明治時代以降になると各人逸話とかも充実してて読んでてふつうに面白い。

なんで私が学生時代にインターネッツ上でこういうコンテンツもっと普及してくれなかったのか!?ってくらい、ウィキペディア以外のサイトでも色々な人物の情報取り扱っててなんか、悔しい。ていうか今の学生さんが心底羨ましい。恨めしい。うらめしや。

こんなん、学生時代にもっとたくさん学びたかった・・・正直、仕事でどんだけ調べても全く頭に残ってなくてしんどい。これはきっと・・・老い・・・ですね・・・

 

本日、仕事してて「この将軍、こんな性格やったんか」ってなった人は「江戸幕府15代将軍徳川慶喜」公です。

 

↓詳細は以下、ウィキペディアでどうぞ。

徳川慶喜 - Wikipedia

攘夷論をめぐり、孝明天皇の側近である中川宮が前日の会談での発言を撤回していることを知った26歳の時、茶碗5杯ほどの冷酒を飲み、帯刀して馬で親王家に押し入り、「殺しに来た!」と詰め寄るもなだめられ、お茶を勧められると「自分で買って飲む」と言った。

 (ウィキペディアの逸話より引用)

 

過激すぎませんかケイキ様😭

 

あと、個人的にこっちの逸話も好き。

①静岡に住んでいる時、家臣たちと一緒に愛用の自転車でサイクリングした(家臣たちは走っていた)。その自転車を購入した自転車店は、現在の静岡市葵区紺屋町にあり、近年まで営業していた。走る家臣のため、靴を買うようにと4人に3円ずつ支給した[40]。4男の厚と5男の博にも自転車を買い与えており、操縦は彼等の方がうまかった[40]。美人に見惚れて電柱にぶつかったという話もある。

 

②慶喜は西草深に新築される新居の完成が待ち遠しかったらしく、自ら自転車で頻繁に見に行っている。

 

リアル「チャリできた」をやってるのかわいい😄

 

将軍様も、人間なんやな、ってあたたかみを感じる逸話が盛りだくさんでどんどん、徳川家のファンになっていく。そのうち徳川紋のなんかを身につけ始めるかもしれない。ヤベエな。オタク魂がうずく。

 

あと、御三卿田安家の出である松平春嶽公が「セイヨウリンゴ」を輸入したから今でまわっとる「りんご」が収穫できるようになったの、多分初耳でござる。センキュー春嶽公。りんごを名産地としている県民の方々は春嶽公をもっと敬うべきである。ちなみに関係ない地域にお住まいの投稿主は敬うぞ。誰でも敬う。人類皆ワイの先輩やとおもっとるから敬っていく。

 

こういう逸話、もっと知りたいのでご存じの方はどんどん情報をインターネッツに出しておいてほしい。喜ぶぞ。私が。

ただ、どこからの書籍とか引用とか史実なのか史料はどこのものかとかは明記していただけると助かる。たまに時代小説だの伝説だのを「史実」と扱う人がいて困る。それは史実ちゃう、憶測と作り話や。と言いたい。

いうても歴史上の人物の出来事とか性格なんてその時代にタイムスリップして本人と対談せんと絶対分からんことやけども。誰か早くタイムスリップして聞いてきてくれないかなと思う。需要あるで。私に。

 

関連記事

www.dendensokuhou.com

Copyright © 2018-2020 flowiron All rights reserved.