伝伝即飽

私の中で話題に!(紹介7割/まとめ1割/他1割)

【不定期】「二次創作 感想 こない」の返答【検索ワードへの返答】

前々から色々とアドバイス記事書いたりしてきましたが、

(創作してる側に対する)大したアドバイスを書いてなかったので改めて記事にしよう。

 

↓関連記事

www.dendensokuhou.com

www.dendensokuhou.com

www.dendensokuhou.com

 

「感想」は基本、来ません。

 

読んでる、見てる人は確実にいるのは分かるけどなんで感想くれないんだろう!?

 

って、思っている人も多いと思いますが、

 

「感想」や「反応」は、基本、もらえません。

 

なぜリアクションがないのかは、その読者や視聴者によって理由は様々なので一概に「これが理由」とは断言できませんが、

前書いた記事から引用すると、

 

「感想とか送れない、恥ずかしい」

「うまく言葉にして伝えられない」

「感想送るほどの感動が特に得られなかった」

「前も送っているし、しつこいと思われたらいやだから送らない」

「誰かが感想送ってるだろうし別に自分が送らなくてもいいや」

 

だいたいこのへんです。多分。

あと例外的に「過去に感想送ったけど、作者から文句を言われたのがトラウマになってて他の作者にも感想を送れなくなった」などの特殊な場合もあります。

 

↓特殊な例

過去に二次創作サイトが人気だった時代、

「好きです」の一言だけもらった人が、

「作品が好きなのか、どの作品のことなのか、何が好きなのか意味分からなくてむかつく」的なことを愚痴った

という体験談を目撃したことがあるので、

読者側の事情で送れない場合もあることだけ、知っとくと良いかもしれない。

  

言葉って難しいですからね。

必死に考えて送った感想も、作者本人に歪んで受け取られる可能性もある。

それで、攻撃的な返事されたら、そらトラウマにもなります。

 

ただ、創作者のほとんどが「感想ほしい」って思ってることだけはなので

できれば、読者、視聴者は感想を送ってあげたほうがいいよ、って何度目だろうなあこのブログでこのお願いするの。

本当、影響力なくてすまんね。どんだけブログ内でこれ言っても誰にも響いてないからなあ。すまんな。

 

過去記事からの引用が多くなるけれど、

「感想もらえないので活動辞めます」っていなくなっちゃう人、マジで多いの

 

「完全なる見る専」の方には理解できないと思いますが、

絵でも小説でも造形でも、「作品を作る」ってめちゃくちゃ時間かかるんですよ。

寝る間を惜しんで食事を忘れて作品を作っちゃう人も多いの。

「作品は作者の魂」って、物理的に精神とか時間とか体力削って作ってるから当然の至言なんです。

 

そうして作られた作品に、「無反応」って、そんな辛いことないですよ。

 

たとえば、

「手料理を振る舞ったけど相手から何も感想がない」

 

これの場合、不安にならない人、おらんでしょう。

なんか言えよ、って思うでしょう?

「おいしかった」って言ってほしいでしょう?

創作もそれと同じ。

作品を見たなら「面白かった」とかの感想がほしくなるものなのです。

 

サイト持ってた時代とかだったら「WEB拍手」があったように、

いまは、ツイッターなら「いいね!」や「リツイート」で反応が示せます。

ただ、それだけじゃ足りないのが創作者。

「この作品のこのキャラが最高すぎた!」

「この場面でこのセリフ言うキャラに痺れた!」

とかね。

そんな長文じゃなくていいから、

「面白かったです!」

「次が楽しみです!」

そういう一言だけでも残してくれよ、って投稿主も思っている。

 ※なお投稿主は「感想貰うと恥ずか死する病」なので当ブログや投稿主の活動へ関する感想や反応はお控え頂きますようお願いしています

 

「感想もらえなくて心がくじけそう」

っていうのは、「創作する側」に回らないと理解できない悩みですし、

そもそも「見る専」の人で「普段から感想送らない」人は、この記事自体見ないので、

本当もー影響力なくてごめんなさいね!って謝りたい。誰かに。ぴえん。

 

究極の方法としては、

アンケートを設置する。

 

ツイッターにもそういう機能あるんですが、

 「今回の作品について!」って、

「良かった!」

「面白かった!」

「次が楽しみ!」

って、自分で促してしまうのもアリ。

 

そこまでしても、反応してくれない人は多いけれど、

「言わなくても伝わるでしょ」ってのは、あり得ないのです。

それは「見る専」の人であっても作者であってもそう。

 

「エスパーじゃあるまいし、言わなくても伝わるなんてことはあり得ません」

 

感想欲しいならしつこいくらいに「感想ください!」って言っていいんです。

見る専の人もブロックされるくらいしつこいくらいに感想送っていいんです。

ただそれが毎回、ひとりだけ、とかになるとそれはそれで心砕ける原因になるので、

ひとりふたりだけじゃなくて、

見てる人全員が作者に感想を送るってのが本当の理想。

そんなことは不可能なのですが、誰も不幸にならない究極の結果ではある。

 

 「あんなにいい作品描く(書く)人が活動辞めるとかいやだなあ」

 

そういう状況に陥らせた要因が自分にもあるって、いい加減、見る専の人は気付かないとダメ。

作品作ってる人はAIとか機械とかじゃなくて生身の人間なんだから。

寝食削って作られた作品を見て「うわー最高・・・」って思ったなら、

思うに留まらず「最高です!」って感想を一言、送ってあげてください。ほんまに。

 

あとは、

作者側の心構えとしては「感想は来たらラッキー」くらいに思うのがベスト。

創作活動はじめたばかりの人ほど、これは最初から意識してたほうがいい。

いわゆる「神絵師」とか「神作家」って人だって、

見られているわりに、貰えてる感想の数なんて多くないのが現状です。

長く活動しているうちに、少しずつ感想を送ってくれる人が増えてきた、ってだけの話で、

活動始めたその瞬間から何十、何百と感想がくるなんて、

そんなもん、あり得ないです。

 

ツイッターの「いいね!」とか「リツイート」の例を出すと、

数万、数十万のフォロワーがいる神絵師さんとかでも、

「言葉としての感想」を貰えてる人は、ほんの一握りです。

「いいね!」「リツイート」も無論、反応ではあるけれど、

「最高です!」の一言をくれるのは、

「いいね!」した人の中でもわずか数%なんてザラ。

「1万いいね!」に対して「最高です!」っていうコメント(感想)を言ってくれるのはわずか「10~50」程度です。10000に対して10~50です。これでも多い方です。

 

これはYouTuberでも同じなんですが、

登録者数「1000」、動画再生回数「5000」に対して、高評価してくれるのは「50」とか、

さらにコメント欄に書き込んでくれるのは1桁~2桁前半とかザラ。

これ、トップYouTuberとかも似た割合になってます。

あのヒカキンさんですら「再生回数100万」に対して「高評価3万」、コメント数「300~1000」とか、ザラ。

ゲーム実況動画だけどこちらの動画だと↓

www.youtube.com

2020年5月24日時点で

再生回数「266万超え」

高評価「25000超え」

コメント数「3666件」 

ヒカキンさんですら「視聴者数」に対してコメント数がこれだけ。

  

 「感想貰えないまでも、何かしらの反応を貰えるのは運がいい」くらいに思ってないと、心くじけるのが、創作活動なんですなあ。恐ろしい。

 

 創作活動はじめたけど、思ったほど反応がない、って人は、

まず、「自分から同じ活動をしている人に反応をしに行く」ってのをやってみるのもいいと思います。

二次創作なら、同じ作品を好きな人とご縁を繋いで、

その人と褒めあいっこしながら、作品の切磋琢磨して、

少しずつ、仲間とかファンを増やす。

 

「自分は感想送らないけど感想欲しい」なんて、そんな高尚な考えじゃ、いつまで経っても感想なんて貰えないのですから。

活動を愉しみたいなら、人との交流も愉しむのが大事です。

「人との交流と創作活動や感想は関係ないでしょ」って思い違いしてる人がいるかもなのでさらに補足すると、

「感想を送ってきてくれるのは、人間」なのだから、無関係なわけないでしょ!

仮に「感想」が来たとして、それに対する「返事」や「リアクション」をしないつもりなのなら、確かに「人との交流は無関係」と思いますが、

反対に、「感想送ってくれる人」のほとんどの人が「作者からの反応が欲しい」って思ってるのですよ。

送った感想に対して反応があれば、嬉しい!って、思うものです。

 

作者と読者(視聴者)って、そういう「お互いに嬉しいこと」を繰り返してるに過ぎません。

逆に、「感想送ったけど作家から返事や反応がない。もうファンでいるの辞めよう」って読者(視聴者)も多いのです。

要はみんな「相手からの反応がほしい」ってこと。

だから、積極的に感想、送ろうね、って言いたい。

 

ただ、

 先述もしたけれど、投稿主のように「感想貰うと恥ずか死」って人は、

それならその旨をどっかに明記しないとダメ。

意思表示は明確にするのが大事

 

ということを影響力皆無の投稿主が書き綴りましたがこれが誰かの参考になれば幸いです。

 

追記

客観的に見て、同人作家って 「あまりにもストイックすぎる人」ばかりなのが不思議なくらいなのです。

YouTuber見てると分かると思うんですが、

YouTuberは、動画の中で必ず「チャンネル登録やツイッターのフォロ-、ベルマークの通知登録、高評価よろしくね!」って言っているんです。

有名な人ほどそういう「宣伝」をしているんです。

だから作家さんとかも、どんどん「宣伝」していいんです。

どこで見たか忘れましたが、YouTuberの方で「そういう宣伝」を入れ始めたら、登録者数や高評価が増えたっていうデータが実際にあります。

「言わなきゃ伝わらない」とか「言わないと理解してもらえない」ってことは、同人界隈も同じなので、

もっと積極的に「感想ください!」って、いっていいと思います。

それで何か「必死www」とか言う人おっても、ブロックでOKです。

やっかんでくる輩はどこにも一定数いますが、そういう人らは「暇つぶし」目的でしかないので、

相手にされないと思ったら別の人のところに行くだけ。

そんな人たちの相手してる時間がもったいないので、変な人に粘着されたと思ったら「ブロック回避」をおすすめします。

創作活動に「勝ち負け」なんてないので、悩むだけ時間がもったいない。

そんな人たちに悩む時間を、創作の時間にあててください。ほんまに。

 

関連記事

www.dendensokuhou.com

 

Copyright © 2018-2020 flowiron All rights reserved.