伝伝即飽

私の中で話題に!(紹介7割/まとめ1割/他1割)

「ひぐらしのなく頃に」あらすじが10分動画を見るだけで分かる

 

前日に紹介した方を2日連続で紹介するのもなんなんですが、

ひぐらしのく頃に」が、またアニメで放映するというので、

どういうあらすじのアニメなのか」が10分程度で分かるように、かなり上手にまとめられている動画をご紹介します。

 

考察系YouTuberキリン

www.youtube.com

 

日本に存在するヤバイ集落、閉ざされた村


日本に存在するヤバイ集落、閉ざされた村

 

動画自体は、「マンガUP!」というアプリのダイレクトマーケティングなんですが、

ここまで嫌悪感のないダイレクトマーケティングも珍しいなと思います。

 

前日も言いましたが、キリンさん自体は「人を選ぶ系」の、下ネタ全開の方なので、

そういうのが苦手な方にはおすすめできません。

 

ひぐらしのく頃に」とは

主人公の前原圭一(まえばらけいいち)通称「圭ちゃん」は、都会から「雛見沢村」(ひなみざわむら)へ引っ越してきた普通(?)の少年。

転校してきてからは、仲間たちと「部活動」をして楽しく過ごしていたが、毎年初夏に行われる村の祭事「綿流しの祭り」がきっかけで、その穏やかな日常が少しずつ、音を立てて崩れていく。  

 

ちなみに、いまの10代の子たちはご存じないとおもいますが、

このアニメ、放映当時にかなりヤバイ事件に関連しているのではと大騒ぎになって一時期、世間から大批判を受けていた問題作でもあります。

(※ちなみに「事件との関連はなかったのではないか」と判断された結果、その後はアニメ最終回まで無事に放映されています)

 

www.j-cast.com

16歳の二女が警官である父の首を斧(おの)で切りつけ殺害するという事件が発生した。二女は中学生時代の卒業文集のなかで将来の夢を漫画家と書いているほか、「ホラー好き」という話もある。そうしたなかで、ネット上では人気ゲーム・アニメ「ひぐらしのなく頃に」との関連を指摘する書き込みも出ている。

 

ja.wikipedia.org

また、東海テレビ、チバテレビなどで放送されていたアニメ『ひぐらしのなく頃に解』や、独立UHF局などで放送されていたアニメ『School Days』が本事件を想起させるとの理由で、数局で放送が打ち切られた[12]。

 

ja.wikipedia.org

放送を取り巻くトラブル
本作では当初6つの放送局が本作を放送していたが、諸般の事情(後述)により数局が放送を打ち切る事態が発生した。

東海テレビは9月20日の第12話放映を急遽休止し、その後正式に打ち切りを決定
テレビ埼玉は10月1日の第13話放送をもって放送を打ち切り(同話本編終盤で『今回で放送を休止します』の告知テロップを出し、その後、同局の公式サイトからも番組紹介が削除された)
打ち切りの理由は両局とも明確にはしていないが、同年9月17日に京都府京田辺市で発生した16歳少女による父親殺害事件の犯行状況に本作を想起させるものがあったためというのが定説となっている[3]。

 

関西ローカルの報道番組『ムーブ!』(2007年9月19日放送分)では、インターネット上で京田辺の事件と本作との類似点が指摘されているとした上で、本作を「主人公の少女が親の離婚騒動がトラウマになり、斧を使って敵を殺していくゲーム」と報道した。これは罪滅し編の断片を抜き取った解説となっているが、そもそも本作は「敵を殺す」ストーリーではない[4]。

 

この問題は放送を続行した局にも多少の影響を及ぼした。

 

第12話以降、オープニングアニメーションの、血塗られた鉈が映るシーンがゴミ山の映像に差し替えられた。また本編中でも、第12話での回想シーンの一部(血の付いた斧、圭一に馬乗りになって鉈を振り上げるレナ)が別の映像に差し替えられた。
KBS京都は先述の事件が発生した当地の放送局であったため、第12話の放映を1週延期、その翌週に放映を再開した(KBS京都公式サイトでの放映休止発表・放映再開発表)。
打ち切られた局で本作を見ていた視聴者への救済措置として、当初は有料配信を行っていたインターネット動画配信サービスサイト・アニメイトTVが無料配信を行った。描写はすべて修正前である(2007年10月24日から31日にかけて第12・13話を、以降最新話を1週間限定で順次配信)。

 

なお、実際には本作が事件の引き金になっているとは考えにくいとする見解も存在する[5]。社会学の立場から内容分析を行った田中智仁も、「事件を連想させる」という放送局側の自主規制による措置であり、実際の事件との関連性は実証できないと論じている[6]。

 

内容自体は、とても面白いアニメです。

漫画やアニメが好きなら、だいたいの人にはウケがいい感じ、というのかな。

 

はじまり方が「よくある、ハーレムものの学園ラブコメかな?

と、思わせておいてからの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「嘘だッッッ!!!!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

は、たぶん、トラウマになると思う。

 

10年以上前に放映されて人気を博した作品が、いまの子たちにもブームがくるかもしれないとか、楽しみでならないおっさんが私だよ😄

お持ち帰り~!」とか「にぱー★」がまた、いまの子たちにも浸透するのか・・・楽しみだ😄

 

あと、これだけは言いたいんですが、

 

どうか、ネタバレなどは見ないで視聴していただきたい。

 

ホラーミステリーというか、そういうのがテーマである作品なので、

ネタバレとかを見てしまうと、面白さが失われてしまうから・・・。

とはいえ、オチまでを知っていながらも、投稿主のように何回も見たくなる謎の中毒性があることだけは確かなので、作品自体は全力でおすすめできます。

 

OPとEDも新しくなるんでしょうが、投稿主は以前放映していたときのOPとEDが軒並み全部好きなので、気になる方は聞いてみてほしい😄

 

前期オープニング


ひぐらしのなく頃に OP Full Version

 

後期OP

www.youtube.com

 

前期ED


ひぐらしのなく頃に ED 「why,or why not」 Full ver.

 

後期エンディング


anNina 対象a HD

 

 

 

 

 

 

Copyright © 2018-2020 flowiron All rights reserved.