伝伝即飽

私の中で話題になっている事柄をお届けします!(※まとめサイトっぽいけどただの個人ブログです)

【介助不足で転倒賠償問題】うちの祖父は入院先で手足拘束されたけど

※個人ブログの投稿主の主観のみを語るだけの記事です。

 

ふと目に飛び込んできたニュースに対して、ちょっと思うところがあったので記事にして内心吐露します。

 

介助不足で複数回転倒し死亡 施設に2800万円賠償命令

headlines.yahoo.co.jp

京都市山科区の介護老人保健施設「アビイロードやましな」の入居者男性=当時(82)=が、職員の介助不足により複数回転倒して死亡したとして、遺族が施設を運営する医療法人「稲門会」(左京区)に約4800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が31日、京都地裁であった。島崎邦彦裁判長は、職員の介助義務違反があったとして同法人に約2800万円の支払いを命じた。
 島崎裁判長は、男性が重度の認知症を患っており、転倒のリスクが高いと指摘。施設に入所後、約20日間で3回転倒していたとして、2回目以降の転倒は「頭部を直接床に打ち付け、重大な結果を生じさせる危険が極めて高い状態にあった」と認定した。その上で、男性が歩行する際に職員が付き添い、介助していれば死亡に至る転倒を防げたとした。
 判決によると、男性は2015年8月に施設に入所し、同年11月13日、施設内で転倒。翌日に搬送先の病院で両側前頭葉脳挫傷で死亡した。

 

このニュースに、ツイッター上でも色々な意見が飛び交いました。

一部、転載させていただきます。

転倒ゼロははっきり言って100%不可能です。
介助不足って介護現場を知らない人の言い分です。
ただでさえ人員不足なんです。
マンツーマンで24時間介助しろなんて無茶苦茶です。


母の所に面会に行くとしょっちゅう、車椅子から立つ入所者の方がいらっしゃいます。介護士さんも座ってて〜って言うけど、すぐ立ってしまう。その方たちだけ見ていたら他の仕事が滞りますよね。本当に忙しそうです!
その判決は疑問です。

道端で転んだらどうぞ国土交通省なり自治体なりを訴えてもらいたい

 

完全にクレイマーですよ。動ける人なら10秒目を離しただけで、転倒、骨折する可能性があります。誰かが24時間見守っていることができる体制があると思いますか?家でなら骨折しないとでも思っているんでしょうか?こんな訴訟認めたら医療も介護もできませんよ。

本人の状態をきちんと理解してない家族ほどこういったことで訴訟起こすイメージです。現場は見てない訳では無い、注意したってほんの1秒間に合わないことはある。なのにこれを言われたらじゃあ受け入れられません。ってなる。家庭は地獄絵図になりますよ。

病棟で働く職員を減らしたいのですかね〜、物理的にも体力的に私は難しいのであれですが。。(^◇^;)
センサーやマットがなる頃には既に頭から落ちてる人多いんだぞ〜それなのに抑制ダメとか言われて 夜勤どうまわせと。
ICUみたいにプライバシー0にしても無理ゲー

地位と給料が低く、責任が大きくて重いのが今の介護職です。 #介護職ほぼ引退

 

拘束はダメ、安定剤もダメ、かといって、ずっとついて見守る人員は到底足りない。センサー付きベッドやマットも駆使して病院施設頑張るけど、不可抗力だと思います。

 

ご自宅で生活ができないから施設に入っているんでしょうし、施設に全て責任を負えというのは酷い話です。

 

安全性確保のための身体拘束に対しても様々な見方がある時勢ですし・・・
大概認知というオマケ付きなので、立位保持困難なのに立とうとしたり、歩行器に杖も拒否。

先生の仰るとおり。
こんなん無理です。無理無理(ヾノ ´ω` )
人員を今の施設基準の3倍にしてくれて初めてできると思う。


介護とかいう責任ばかり重いクソみたいな仕事
介護職はいじめてもいいという認識をいい加減改めてやれ

こういう年寄りは子供と同じで普通に立ってても転ぶんだよ。
子供を24時間見張ってろと言ってるのと同じ。

 

 

記事タイトルの件ですが、私の祖父は86歳のときに入院先で亡くなっています。およそ10年前です。

認知症が少し進んでいた頃で、でもそこまでひどくはなかったんですが、筋力の低下が原因でよく転倒していました。

それこそ、通院時、病院の廊下で、家族同伴であるような状況でも、一瞬目を離した隙に転倒したこともあります。

でも、祖父本人は、元気なんですよ。

元気だから、昔と同じように歩けると思ってしまっていたんです。

 

入院中、勝手にベッドから離れて一人でトイレなど行ってしまうことが何度もありました。

暇だからか、ナースコールも勝手に鳴らすことが何度かあったそうです。

で、結局、両手両足を縛られました。

その状況になっても、私含め家族は、「おじいちゃんが悪いんだよー」とかいって、何も疑問に思いませんでした。

だって、そういう問題行動をとってしまう祖父が実際に悪かったのですから。

 

でも、きっといまの時代に、祖父と同じような対応をとれば、批難されるのでしょうね。

高齢の方は、認知症になっていても、身体が元気であれば、勝手に動き回ってしまうのに。

ご家族はそれを理解しているのでしょうか、と疑問に思うのも無理ないと思うのです。

 

また、祖母も、昨年くらいに外出中に転倒して、大腿骨付近を骨折しました。

当時91歳です。

正直、この年齢で骨折なんて、歩けなくなるのは目に見えていました。

でも、祖母は、今ふつうに歩いてます。

入院時からずっと、おうちに帰りたくてリハビリをたくさん頑張ったから、手術にも耐えてふつうに歩けるようになりました。

そして祖母もまた、元気だったために、入院中に結構勝手にうろうろと一人で出歩いていました。

ただ、祖父のときのように縛り付けられることはありませんでした。

 

私は上記体験をしているので、介護をしてくださる方の大変さや、ありがたみを理解しているつもりです。

祖父が存命だった頃、祖父が入院していた先の看護師さんたちは、どれほど大変な思いをされていただろうと。

言っても聞いてくれない高齢の方を、どうやって行動抑制すればいいんですか。

うちの祖父のときのように、両手両足を拘束するなどしないと、ご高齢の方は勝手に歩き回ります。確実に。

それで、転倒されて怪我をして…なんでちゃんと見てなかったんだ!責任取れ!は、それは言っちゃだめだと思います。

 

今後、もっとこういった例が増えていくかもしれません。

でも、両手両足を拘束することを、きっとご家族は許容されないかもしれません。

じゃあ、どうやってご高齢の勝手な行動を抑制すればいいのでしょうか。

かわいそう、って感情論だけで批判するのは、ダメだと思います。

もっとご家族が理解しないといけないと思います。

正直、かわいそうなのは現場の介護をされている方たちのほうです。

薄給激務でろくに身体も休めることができないであろう、介護をされている方たちのほうです。

 

これからもっと、認知症のご高齢は増えていくいっぽうです。

働き手は、現場の過酷さに耐えられなくて、辞めていったり、身体を壊してしまいます。

働き手をこれ以上、追いつめるのはやめてあげてください。

ご家族の方は、どうか理解を示してください。

そりゃもちろん、暴力などはあってはならないので、そういったことが起きた場合は糾弾するべきだとは思いますが、

今回のように、不可抗力な事例においては誰の責任でもないと、そう思うようにしないと、

本当に、働き手は消えてしまいます。

ご高齢の方が増えていくだけの時代に、これ以上、若い人たちをいじめるのはやめてください。

介護の現場で、24時間監視するなんて、不可能なんですから。

もしもそういったことが心配だとおっしゃるなら、ご自宅で、ご自分たちで介護をしてあげてください。

最悪、両手両足を拘束されても致し方ないと、そう思えるくらいの寛容さは持っていていただきたいです。

 

私の勤め先の近くに、福祉専門学校があります。

通勤時、そこを通り過ぎてオフィスに向かうのですが、

毎朝、若い人たちが元気に学校に通っているのをお見掛けします。

これだけ、介護の現場が大変だと言われているにもかかわらず、

彼らは将来、介護をする人になるために、勉強をしてくださっています。

私は彼らを敬服しておりますし、声には出していませんが応援もしております。

だって、私は介護をする人には、なれません。

体力的にも、精神的にも確実に追い詰められてしまうことが目に見えているからです。

だからこそ、彼らのような人たちを尊敬します。

ほんとうにありがとうございます。これからもどうか、よろしくお願いします。

 

人だけじゃなくて、生き物であれば、いずれ老衰します。

あまり浮彫にはなっていませんが、犬や猫も、介護が必要になって、その介護が大変だという話も耳にします。

人間より小さい動物の介護ですら、大変なんです。

ご高齢の方がたくさんいる施設で、何人ものかたを見なければならない現場の大変さなんて、誰にだって想像がつきます。

再三言いますが、どうかご家族のかたは、理解を示してあげてください。

 

そして、歩き回ってしまうタイプの元気なご高齢の方に対する対応も、見直さないといけません。

ご家族が同意するのであれば、私の祖父のときのように、拘束するなども必要になるかもしれません。

それ以外の対策だと、なにができるのでしょうか。

床を柔らかくするとか、壁などに緩衝材をつけても、限界はあります。

真剣に、そういった対策を講じないと、これからもっとご高齢の方は増えていくのですから、手遅れになりますよ。

 

ひとまず、一番言いたいのは、

ご家族が理解を示さないと、どうにもならない問題が多い、ということです。

前述もしましたが、無論、暴力などは言語道断です。

しかし、我の強い、わがままなご高齢の方は実際にいらっしゃると思います。

そういった方の挙動をすべて許容するのは、それも難しいと思っています。

どうするのが最善なのか、私には分かりかねますが、

介護の現場がもっと、よい方向へ前進しますよう願いながら、この記事はしめます。

本当、どうするのがいいのか、思いつかないですが…どうすればこういった問題は解決するのでしょうね。

拘束する以外の方法、誰か頭のいいかたは、ぜひ知恵を絞って政府へご提案ください。

 

スポンサーリンク

ある日、突然始まる 後悔しないための介護ハンドブック

ある日、突然始まる 後悔しないための介護ハンドブック

  • 作者: 阿久津美栄子
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2017/02/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
親が倒れた! 親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと 第2版

親が倒れた! 親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと 第2版

 
やさしくわかる! すぐに使える!  「介護施設長&リーダー」の教科書

やさしくわかる! すぐに使える! 「介護施設長&リーダー」の教科書

 

Copyright © 2018-2019 flowiron All rights reserved.