伝伝即飽

私の中で話題になっている事柄をお届けします!(※まとめサイトっぽいけどただの個人ブログです)

【イッツァパゥアー!】ワンパンマンが面白い【今更レビュー】

あっ違います。ンパンマンじゃないです。ンパンマンです。そう、ワン パン マン。

amazonプライムで配信してるアニメを順番に観ているんですがめっちゃ面白いです。

 

ワンパンマン(One Punch-Man)/One(原作)村田雄介(漫画)

onepunchman-anime.net

第一話無料試読はこちらから↓

tonarinoyj.jp

 

あらすじ

その男、ワンパンマンにつき――

 

ワンパンでだいたい片付く、そういう作品です。

ワンパンとは

一発殴るだけで相手を倒すこと。

 

近年まれに見る爽快無双アニメです。

サイタマというハゲの男が主人公なんですが、とりあえず、出て来る怪人や怪獣や怪物をだいたいワンパンで倒してしまうので、そういうのが好きな人にはハマる作品です。

って書くと、「しょうがくせいがかんがえたさいきょうのしゅじんこう」感が強いんですが、まずこのサイタマという男が基本無気力で、趣味でヒーローをやってるっていうところから物語が始まるんですね。

設定もシンプルですが顔の造形もとってもシンプルで、あとヒーローをやってる理由も至ってシンプルで、「自分より強い相手と戦いたい」とか、なんかこのあたりの理由で敵と戦うんですが、とりあえず強すぎるんですね、このサイタマっていうハゲ

世界設定的に、「ヒーローはヒーロー協会にその実力を認められたら登録される、そういう職業のひとつ」なんですね。

で、最初はサイタマも「趣味でヒーローやってる」って言う通り、ヒーロー協会には登録していなかったため、どんだけ巨悪を倒してもずーっと無名のままだったんですが、のちにヒーロー協会にちゃんと登録してヒーローとして活躍するようになるんですが、この物語がなんかやたらすごく面白いとか、サイタマに惹かれる理由が、明確に分かるのがそのあたりからなんですよね。

 

サイタマはヒーローになったばかりの頃から、その強さのせいで爆速昇進を果たしてしまって、そのため市民や他のヒーローから「インチキで有名になろうとしてる」とか思われちゃうんですよ。

サイタマの実力も知らない他のヒーローから妬まれて、市民からも疑惑の目を向けられるサイタマは、でも、「自分がヒーローやってるのは目立ちたいとか、人々から尊敬されたいわけじゃなくて、『ヒーローとして悪を挫きたい』から」っていう信念を一貫してずーっと持ってて、たとえ自分が守った市民やほかのヒーローから「インチキだ!ヒーローなんてやめろ!」って言われて嫌われても、微塵も気にしないどころか、むしろ自分が嫌われ役になって、怪人などに惨敗した他のヒーローの評判や、ヒーローそのものの存在意義を守るために(本当にそう意図したかどうかは不明ですが)、自分に貼られた「インチキヒーロー」のレッテルを利用して、わざと嫌われるような発言をしたりするんですよ。(例:他のヒーローが束になっても勝てなかった怪人をワンパンで倒してしまった時も「他のヒーローが弱らせてくれたおかげで俺が手柄を独り占めできた」と言った)

 

上記出来事を作中で目撃した投稿主は、サイタマのヒーローに対するストイックさに痺れましたし、無気力であまりやる気ないシンプルな主人公だけど、シンプルだからこそその信念に心底惹かれました。

サイタマの弟子に志願するイケメンサイボーグのジェノスばかりに注目が集まりがちなんですが、読者目線だと確実にサイタマのファンになると思います。

作中で市民から嫌われたりするサイタマの姿を見てるのは正直胸糞悪くなりましたが、サイタマが本当にすごい実力を持ってて最強部類のヒーローってのは、読者だからこそ分かることですし、市民たちがサイタマの実力を疑ったりするのはしょうがないのかもしれない、と思うと、なんとも歯がゆい気持ちにもなります。

前述の通りサイタマがヒーローをしているのは目立ちたいとか崇められたいとかそういう気持ちからじゃないからこそ、誰に何を言われてもノーダメージっていう、そういう鋼のメンタルはすごく見習いたいですが、ちょっとくらい言い返してもいいのに!人が良すぎるぞサイタマ!ってもやもやする読者もいるかもしれませんね。ていうか投稿主がそのタチですが。

 

ちなみにこのワンパンマンという作品、漫画版が二つありまして、一つは原作者であるOneさんの原作、そしてもう一つが「One Punch-Man」というタイトルで村田雄介さんがリメイクした版。Oneさんの原作版は今も無料でWEB上に公開されています。

 

Oneさんの原作版公式サイト

galaxyheavyblow.web.fc2.com

Oneさんの公式ツイッターアカウント

twitter.com

村田さんのリメイク版はこちら(第1話無料試読ページ)

tonarinoyj.jp

村田さんの公式ツイッターアカウント

twitter.com

 

原作版の方は作者のOneさんが「コミックスタジオ」というペイントソフトの練習のために描き始めたという衝撃の経緯があり、けれどそれがウェブ上で大変な人気を呼んで、リメイク版が描かれ、さらにアニメ化するというとんでもないモンスター作品(?)なんですね、これ。原作漫画自体は練習用というだけあって、線画?ラフ画??ってくらい適当感があるのに、展開が面白くて延々見ていられる謎の魔力がありますし…

そしてリメイク版のほうも圧倒的作画で、アニメの作画にもなっているんですが、アニメの方もなかなかの高クオリティとして結構評判もいいようで、原作、リメイク版、アニメの全メディアが面白いというとんでもない作品なんですよね。ヤベエ。

ちなみに、本作はサイタマやジェノス以外にも個性的で面白いヒーローがたくさん登場しますので、推しのヒーローを見つけるのも作品の楽しみ方の一つだと思います。

最後に、レビューとあんまり関係ないですが、最近ネット上で見かけたトンデモニュースがありまして、サイタマと同じ筋トレメニューを1か月行ったら無事肉体改造に成功したという人がいるので、サイタマのようなワンパンマンを目指したい人はぜひ同じ筋トレメニューをこなしてみてくださいね~。

↓5ちゃんに立った本スレッド

hayabusa9.5ch.net

◆アニメ『ワンパンマン』と同じ筋トレを30日間続けたおっさんの体がとんでもないことに

アニメ『ワンパンマン』の主人公・サイタマを見習い、過酷なトレーニングを1ヶ月続けてみたシンガポール人男性が注目を集めています。

サイタマは自身の強さの秘訣について、「腕立て伏せ100回、上体起こし100回、スクワット100回、ランニング10km」のトレーニングを三年間、毎日やることだと明かしていました。

そこで最近、お腹まわりに脂肪がつきだした投資家のシーン・セアさんがこの”ワンパンマン式ダイエット”を実践。

30日間で見違えるほどのムキムキボディになり、ネット民を驚かせています。

facebookより

www.facebook.com

 

プライムビデオ「ワンパンマン」

amzn.to

 

スポンサーリンク

ワンパンマン 1-19巻 新品セット (クーポン「BOOKSET」入力で+3%ポイント)

ワンパンマン 1-19巻 新品セット (クーポン「BOOKSET」入力で+3%ポイント)

 

 

Copyright © 2018-2019 flowiron All rights reserved.