伝伝即飽

私の中で話題になっている事柄をお届けします!(※まとめサイトっぽいけどただの個人ブログです)

【ただの宣伝】3月24日名古屋国際会議場のイベントで小説本(短篇)出します。

ただの宣伝ですわよ('ω')

 

名古屋コミティア54

twitter.com

n-comitia.com

 

↑で出します。

なんか顔バレが 心 底 嫌なので詳細書くの憚られるんですが、

出品するものは「短篇の小説本」のみとなります。多分。なんかグッズとか作ってるかもですがまだ未定です。

ちなみに私自身は当日に存在するか不明ですこの世にはいないかもしれません蒸発してるかもですが出品する本は委託という形でどこかのサークルで置いてもらう予定ではあります。さぁお宝さがしの時間だぞ坊やたち。欲しけりゃくれてやる――探せ!この世の全てをそこに置いてきた!

って気持ちでいま書いてます。

 

つまり私がどちらのサークルさんに委託本置くかは非公開とさせていただきます。宣伝とは。

私の本が欲しかったらあれですね。片っ端から小説本買っていっていただければいつか見つけられるんじゃないでしょうか。がんばれ☆

 

いうてもホンマあれなんです。思ってた以上に短文になっちゃったんですよね。手を抜いたとかじゃなくて、あまり物語が広がらなかったパターンなんですけど。本文だけで16000字前後しかないんです。約10時間で書きあげちゃったんですよね。おかしいな……なんなら数話にわけて出品するつもりですらあったんですけど。思ってたより風呂敷が広がらなかったんですね。かといってツマラン物語にしたつもりは微塵もないのですが。少なくとも、書いてて自分でウキウキする程度には好きな設定のものを描き上げましたので。などと供述しており

 

実際にお値段つけさせてもらって販売するのは本編のほうだけで、導入というか序章みたいな感じのコピー本は無料配布をさせていただきます。つまりサークルスペースには最低でも2種類の小説本を置いていただきます。

現時点で本編のほうはすでに印刷所さんに入稿済みです。私自身は同人誌(冊子)を出すのが全くはじめてのことでして、なんもかんも戸惑いつつの作業でしたが楽しく学ばせていただきました。そのうち「はじめて同人誌(小説本)出す方向けの作り方講座」みたいな記事も書けたらいいなと思っております。私の理解力がないせいかネットに載ってたやり方とか用語みてもイマイチ分からないこと多かったので……

 

また間近になったら改めて案内記事書くかもですけどひとまずの宣伝としてはここまでとさせていただきます。

ほんま私なんてデブで小汚いオッサンですからねー。ご尊顔を拝見しても吐き気しか催さないと思うので、当日私の顔を拝みに来られる方がいらっしゃらないといいなとこっそり思っております。間違っても「こいつだwww」とかいってネットに晒し上げるのはおよしくださいね。仮に別人の方を晒された場合肖像権の侵害を始めとした軽犯罪に抵触し訴えられる可能性もありますのでご理解ください。

 

あと、今回イベントで出す本ですがメルカリにて公式販売という形で出品する予定もありますので当日来られない方でも安心して入手することが可能な一品となっております。なお「こちら(発送元)の住所特定が困難なため」というメリットのみを私が勘案した結果メルカリを利用することにした次第です。どこまでいっても個人特定は許しません。悪しからず。

なおメルカリに出品するときの価格設定ですが送料込みの価格で出しちゃうのでイベント会場より割高になります。ご了承ください。(割高といっても本体価格+送料(約200円)程度上がるだけですけど)

 

私は今後もこういった自身の活動の宣伝を記事にしますのでご承知おきください利用できるモンはなんでも利用するんがこの世を上手に渡るコツやでなどと供述略

 

追記

このブログをブクマしてる人の恐らく9割超えの方が「笑えるコピペ」の更新を待ち望んでいらっしゃることはなんとなーく察しているので申し上げますけども、私も可能ならもっとこうバンバン笑えるコピペ記事ばっか更新したい気持ちはあるんですがコピペコンテンツをメインにしちゃうと確か「はてなブログ」の規約違反になっちゃうのでそれは出来ないんですよね。怒られて最悪アカウントBANされると今までのコピペ記事もろともネット上から消滅するので(※よそ様にコピペされてなければ)、どうかご理解くださいな。

今もありていに言うと十分グレーゾーンなんですがワタシの場合死ぬほどどうでもいい自分語り記事とか近況日記とかがメインなので目をつぶってもらってる状態になっております(多分)……笑えるコピペは一応、月1(長ければ2記事分)を目安に、というマイルールも設けておりますので、よろしくどうぞ。次回は来週(今週?)に掲載できたらいいかなくらいに思っておりますのでそちらもどうぞよろしく。

 

関連記事

www.dendensokuhou.com

www.dendensokuhou.com

www.dendensokuhou.com

 

Copyright © 2018-2019 flowiron All rights reserved.