伝伝即飽

私の中で話題になっている事柄をお届けします!(※まとめサイトっぽいけどただの個人ブログです)

【洋画レビュー】アマプラでイエスマンをみた。イエス!!!!!!!!!!!!!!!

アマプラで大分前から見られることは知っていたけど今更ながら見ました。

 

イエスマン

スポンサーリンク

イエスマン “YES

イエスマン “YES"は人生のパスワード 特別版 [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]

 

 

イエス!!!!!!!!!!!!

ってとりあえず返事すればいいんでしょ?っていう映画だと思っていたら、まさにその通りだったのですが、どうやらそれは思い違いだったようです。

ネタバレになるといけないのであまり展開は詳細書きませんが、

 

あらすじ

カールは、消極的な性格のちょっと冴えない男だった。妻にも逃げられ、勤め先の銀行でも業績をふるわないことに対して上層部からは不信感を抱かれ、出会う人すべてに対して「ノー!」とお断りするようなちっさい男だった。そんなカールがある日、友人から「イエス教」のお誘いをうけ、半信半疑でそのセミナーに行ってみたら……カールの人生は、「イエス!」に変わった――

 

上記あらすじだけで大体伝わると思うんですが、

この映画は、基本消極的で誰相手にでも否定から入るような性格的に難ありな男のサクセスストーリーです。(カール役のジム・キャリーさんはイケメンですけど)

キーワード(パスワード)は、「イエス」

つまりは、誰相手であってもその相手に対して「イエス!(いいよ!)」って承諾してしまうという究極の生き方になったら、カールの人生が好転したよ、っていう物語。

なので、映画見てると「ちょwwwそんなことまでイエスかよwwwいいのか?!www」みたいなことにも即答で「イエス!」って言ってて、それ以外にもツッコミどころ満載のギャグ展開も多くて、終始にこやかに映画を見ていられました。

映画を見終わったあとになんだか私も前向きな気持ちになれておりました。

なんにでもイエスっていうのは勇気や度胸がいるし、映画みたいになんでもかんでも受け入れてしまうのはアウトだとは思うんですが、この映画はつまるところ「情けは人の為ならず」なんですよね。

映画見てるときは、ただなんか「都合のいい男」にしかなってなかったんですけど(銀行員なので融資を受けたいお客さんがどうか融資して~!って言いにくるのだけどイエスマンになったあとのカールはなんと500件以上もホイホイと融資しちゃうというトンデモ展開にさえなってしまっている…(ちなみにその支店の月の平均融資件数は30~40件くらいらしい…)(ちょっと平均より多いですね、ちょっと。))

前述の通り、「情けは人の為ならず」的な展開になっていくので、なんか最後らへんにはちょっとこっちも感動してしまうような、素敵な展開が待ち受けていたりするんです。

 

やっぱり、消極的な人間よりは積極的で前向きで明るい人のほうが、人生楽しそうっていうのはありますよね。ウェ~イ系にはなかなかなれなくても、せめて身近な人からは「一緒に喋ってて面白いなあ」と思われたいものですし。おすし。

 

日本語でいうところの「いいよ!」とか「任せろ!」とか、そういう風に気軽に承諾できるようなノリのいい人ってのはやっぱり素敵ですし。私もネガティブなことばっか考えてないでポジティブに生きよう、って思いました。元々超ポジティブですけど。

 

もしアマプラの会員の方でまだイエスマン見てない、って人がいたら見てみて欲しいです。だいぶ前からアマプラ会員特典で無料でしたのでそろそろ無料期間終わる気もするけど、上映2時間もあっという間に感じるほどに愉快でクレイジーな映画なので、見てみてくださいね。

洋画なので途中で老齢のおばあちゃまからなんかこう突然の「アッー!!!」みたいな展開になったりするんですけど、まあそういうのがお好きな方なんかには特におすすめしたいですね!!

 

スポンサーリンク

 

関連記事

www.dendensokuhou.com

www.dendensokuhou.com

www.dendensokuhou.com

www.dendensokuhou.com

 

Copyright © 2018 flowiron All rights reserved.