伝伝即飽

私の中で話題になっている事柄をお届けします!(※まとめサイトっぽいけどただの個人ブログです)

「ワッショイ!(ガチギレ)」「ワッショイ!(ガチギレ)」

この週末に地元でお祭りがあったんですけど、あのなんか、神社由来のやつ。名前忘れた。

 

ご近所を子どもたちがお神輿担いで、「ワッショイワッショイ!」って元気よく歩いてたんですが、

先導する子どもたちの声が明らかにガチギレの声量なんだよなあ…

 

思えば私も幼き頃はお祭りに参加する意義が「お小遣いとお菓子もらう」だけだったなぁ、と。

お神輿担いで近所練り歩くの、めちゃくちゃ苦痛だったなあ、と。

百歩ほど譲ってお神輿担いで練り歩くのは構わんのだが、

高学年ともなってくるとさ、ほら、アタイ女子だし…

「ワッショイ!ワッショイ!」って掛け声がもう、恥ずかしいじゃない?

かといって蚊の鳴くような声で参加してると周りの大人が声出せ声出せウルセェんだよね。

ご近所練り歩いてた子たちも、見てたらさ、一部の男の子しか大声出してなかったし…そこそこな人数の子どもたちがいるのに、聴こえてくる「ワッショイ音頭」はそのうち数名分のみ。

昔と今はなんかもうほんと色々違うんだよ、って大人たちは分かってない。

時代的な意味でも、年齢的な意味でも。

 

自分がそうだったから今の子もそうだろうとかは決して思わんけど、

当時はなんのためのお祭りなのか、なぜ自分たちはデカイ声を張り上げながら近所を歩き回っていたのか、さっぱり理由を聞かされていなかったような気がする。

参加したらお菓子と給料(日給500円)が支給された、という思い出しかない。

 

でもこれも思い出として残ってる時点で伝統行事として正解だからなにも問題はないね。

子どもたちよ、健やかに立派な大人になりたまえ。私のようなゴミには決してなるのではないぞ('ω')

と老婆心だしつつ、また今度。

 

ところで老婆心ってそんな聞きなれない言葉になっちゃったのかい?以前職場でこの単語つるっと滑らせたら「なにそれぇ?w」って派遣の若いおなごに質問されたんだけど、あれはあの子たちが学力低かっただけ?それとも私が意識高い系だっただけ?

なんでもいいけど老婆心くらい知っといてほしかったです。以上。

 

関連記事

www.dendensokuhou.com

Copyright © 2018 flowiron All rights reserved.