伝伝即飽

私の中で話題になっている事柄をお届けします!(※まとめサイトっぽいけどただの個人ブログです)

【顔が見えない】電話が怖い【何言ってるか聞き取れない】

これ分かる人には確実に共感してもらえる悩みなのですが、

 

電話が怖いのです。

電話そのものが、じゃなくて、電話で相手と会話するという行為が苦手でたまらない。

 

無論、投稿主は事務仕事などもやっておりますのでどんなに怖くても電話応対業務はしないといけないんですが、それでも最近はちょっと慣れました。

 

ただ、以前までは、マジでダメでした。

電話の音を聞くのも怖かったくらいでした。

 

電話応対の何が苦手か箇条書きします。

 

・顔が見えない

・相手が何言ってるか聞き取れない、聞き返すのが申し訳ない

・(主に仕事の時)最初の第一声「お電話ありがとうございます、〇〇株式会社〇〇駅前店(投稿主の名前)です」のどっかを毎回噛む

・お互いに意思の疎通がうまくいかないことが多々ある

 

思いついただけでこれだけ。

顔が見えない、ってのは、相手の口元の動きが見えないからこそ何言ってるか聞き取れないっていうことにも繋がるんですが。

 

とりあえず、聞き取れないんですよね。これが一番苦痛でした。

耳が遠いわけではないんですが、なんか、お客の声質の問題なのか分からないんですが、何言ってんだオメェってなっちゃうんですね。しかも、大体相手がまだ誰か分からないとき、相手の第一声「〇〇会社の〇〇です」っていう一番肝心なとこが聞き取れないことが多すぎてしんどいんですよ。

結果的に上記で上げたことが全部繋がっちゃうんですね。

 

顔が見えないから何言ってるか聞き取れなくて、聞き取れないから意思の疎通がうまくいかない

 

もうほんと、電話の前に自動的に字幕を表示する機械欲しい。切実に欲しい。ってなります。ていうかなんでそういう機械ないの。このご時世に。どう考えても需要あるでしょ!!!!

 

と語り尽くしておりますが、こんなんでもだいぶ、慣れました

どのように慣れることができたのか(というか電話恐怖症を克服したのか)、以下に書いてみます。

 

まず、投稿主は左耳のほうが電話口では聞き取りやすいことが判明したので(あと右利きだしネ)、電話を取るときは必ず受話器を左耳にあてます。

そして、目の前に「お電話ありがとうございます。〇〇株式会社〇〇駅前店(投稿主の名前)です」と書いたメモを置いておいてそれを見ながらゆっくり喋る。

それから相手のターンの時は必ず、目をつむって全神経を左耳に集中させる。

この動作を意識してから、だいぶ聞き取りに関しては改善できました。

目をつぶることで視覚を遮断する、というのが大事だったのだろうと思います。わりと真面目に思い当たるというか自覚があるんですが、投稿主は気が散りやすいんです。だから、何か作業している時も何か気になることとかが視界の端に生じると一気に意識をそっちにもっていかれて結果なんか凡ミスをやらかす、とかしょっちゅうあるんですね。

なので、電話の時には目をつぶることで、気を散らさないように自分でコントロールしたということです。バカみてぇな理由と改善策ですが、実際これがなかなか効果あるから騙されたと思ってやってみてほしいです。

 

あと、常に頭の中でシミュレーションして(イメトレして)慣れておくっていうのもやってました。イメージトレーニングってあながちバカにできないですよ。わりと効果的です。事実、電話が怖いっていう恐怖心自体はイメトレで少しずつ克服しましたし。

あとは、電話応対の経験を積んでいくだけです。電話が鳴ったら誰よりも先に取る!だってアタイと電話は友達だから!くらいの勢いで数こなしてたら、自然と電話の音も応対自体も怖くなくなっていきましたし。

 

もしも電話応対苦手……って方がこの記事を読んでいるならば、ぜひ上で記した方法を実践してみてほしい。

ただ、耳の障害みたいなことが原因で電話越しの声が聴きとりづらいという可能性もあるので、そういう疑惑のある方は一度耳鼻科などにかかってみることもオススメしたいです。

 

電話やだなぁ、どうせ聞き取れないから怖いなあ、って気持ち自体はメンタルを強くすることで改善できるはずなので、諦めちゃダメですぞ。

事務職歴3年くらいやってりゃイヤでも慣れていくので、今苦手意識があっても平気平気。

 

あとは、メンタルの面でいうと、

たとえ多少聞き取れなくても、何度相手に聞き返しちゃっても、それによって死ぬ可能性があるかというとそんな可能性限りなくゼロなので気楽に電話応対すればいい、って思い込むことも大事かなと思います。

なんでいつも聞き取れないんだろう自分の耳ポンコツすぎない?って悩みすぎるのはダメです。それによって仕事が楽しくなくなっちゃうかもしれないので、それじゃダメです。仕事は楽しく気楽にやってナンボです。自分を追い詰めちゃダメです。

 

ちなみに投稿主は仕事での電話応対はかなり慣れたのでいいんですが、友人などとの電話のやり取りも苦痛でしかないのでほとんどスマホの電話機能を使っておりません。やったぜ。

ただたんに人と関わるのが苦痛だから、って理由なんですが、友人や家族の中にも「つい長電話で2時間もしゃべっちゃった~」とか言ってる人いるんですが、嘘だろオイ……って思ってます。なんでそんな長く会話続くの?何喋ってんの……?って毎度驚愕してます。スゲェな普通の人

 

なんかアドバイスになってるのかなってないのかさっぱり分からないですがご活用いただけたら嬉しいです。参考にならなかったらごめんなすって。

 

追記

あ、あと。こちら側からの問題として滑舌が悪くて相手に聞き取ってもらえないとか声質が悪くて聞き取ってもらえないとかそういう問題の場合、発声練習とか滑舌トレーニングとかをオススメします。

舌を全力で前へ突き出してみたり、上下の歯列の表側(前側)をゆっくりなぞるように動かすとか、出勤前にベロの体操をやっておくと滑舌を改善できます。滑舌って、文字通り「舌をなめらかに」することで改善するものなので、何かしらんけどよく言葉を噛む……って人はぜひベロを鍛えることをオススメしたいです。

また、いつも言葉の最初を聴きとってもらえないって場合、先方の耳に問題があるのでこちらから喋り始めるときは「あー」とか「えー」とか「ではー」とか一言感動詞を先んじて発しておくと相手に「オイいまから喋るから耳かっぽじってよく聴いとけよ」という意思表示ができるので、それからちょっと意識して声を張るようにして喋ると相手に聞き取ってもらいやすくなると思います。

なお、相手の方が屋外にいて風がビュービュー吹いてるような状況だとこちらも大声に近い声量で喋らないと聞き取ってもらえないので、そういう相手の状況に合わせて声の大きさを合わせる状況判断は頑張ってやっていきましょう。

 

電話が苦手な事務員さんが一人でも減ることを心から願っております。

 

関連記事

www.dendensokuhou.com

www.dendensokuhou.com

Copyright © 2018 flowiron All rights reserved.