伝伝即飽

私の中で話題になっている事柄をお届けします!(※まとめサイトっぽいけどただの個人ブログです)

一次創作に関して新しいウェブサービスを思いついたので興味が沸いた創作者の方は見てみてほしい【まだ構想段階だけど】

追記

あくまで趣味だから、と言っても著作権は発生しているわけなので、できるならサイトに投稿してくださったクリエイターさんや原案者の方すべてにちゃんと掲載料みたいな見返りを提供できるのが理想なのだけど、お金が発生するとなるとなんかまた色々ゴチャゴチャ問題が起きそうだしとりあえず「こんな感じのこと思いつきました」っていう構想だけ……

(登録の際の方法とか、なんらかのSNSアカウントとの連携とかで済ませるかあるいはちゃんとその初回登録時だけメアドとか頂くかとか、いろいろ悩んでいます)(上記のように報酬が発生するということにしてしまうと、考えたくはないのですが自演や盗作でお金もらおうとする不貞浪士が出現しそうだし……)(でもできれば実現させたい夢。いつか誰もが気軽に「創作者」になれるような日がくるといいなあ)

 

本当にまだ思いついただけなのですけども、一次創作(オリジナル作品)に関して、投稿主がフと思った新しいウェブサービスについてちょっとだけお話を聞いてほしい。

具体的にいつ始動(サイト開設)するのかとか、デメリットなどに関しての具体的な対策とかはこれから考えていくので、まだまだ夢の域を出ない話なのですが……

 

【設定を作るのは好きだけどそれを作品として作り上げるのは苦手】という創作者さんを支援するサイト。

【設定やストーリーはある程度考えてあるけどそれ以上作品としては展開できない(絵が描けない、小説が書けないなど)という原案者の方】と、【絵や小説を書く(描く)のは好きだけれど設定やストーリーを練るのが苦手】というクリエイターさんを繋ぐ交流サイトとか、あったら面白くないですか('ω')

 

つまりは、

【原案者さんありきの一次創作】を、【原案者さん公認で漫画や小説などの二次創作的な作品】として完成させるというもの。

原案者(原作者)さんが許可をしてくださるのならば、漫画や小説だけじゃなくて、ドラマCD化とか、グッズを作成してもらったりとか、あらゆる手段でその【設定しかなかった物語】を一つの作品として色んな方に展開してもらうというのが一応の趣旨になります。

これによってまだ見ぬ新しい、面白い作品がたくさん生まれるかもしれないし、場合によっては商業へのデビューも可能になるかも、みたいなそんな夢のような話にも発展するかもしれない。

二次創作としてドラマCD化と書いたけれど、そのドラマCDの声優さんは現在声優の卵として活動されている方の練習や実績の一つにも繋がりますし、また作曲家を目指している方なども関連してその作品のイメージ曲を作っていただけたりなど、『趣味で創作活動をされている方たちの新たな作品のお披露目のサイト』を目指したいのです。

アニメーターさんを目指している方などもおられるならば、気に入った設定の作品のアニメ化などもぜひして頂きたいですし、すべては『創作者の創作者による創作者のための場所』として交流サイトを用意する、というような感じです。

また、今考えているのは1人の原案者さんの1つの作品に対して、1人のクリエイターさんがつく……ではなくて、設定が気に入った方であれば誰でも、漫画やイラストを作品として自由に何作品でも作ってもらうというもの。なので、もしも人気がある設定であれば、スピンオフのように色んな書き手(絵師)さんたちがそれぞれの手腕をふるって作品を手掛けられる。そういった自由度があるとなお面白いかなと。

 

これを思いついた理由はひとえに、「創作をされる方の活躍の場をもっと増やしてそれを自分も見ていたい」と思ったから。これがきっかけです。

投稿主もこのウェブサービスでいうところの「設定は思いつくけど自分で絵や小説を書けない(書くには書くけど完結までいけない)」タイプの創作者なので、そういった方が他にもいるのなら、ぜひこのウェブサービスを利用してもらって自分が考えた物語を多方面で二次創作をしてもらい、あわよくば完結までできたらそれはとても楽しい事だと思うんです。

もちろん他力本願寺住職すぎるのは分かっておりますが、正直、自分の作品の二次創作をされると結構嬉しいんですよね。二次創作をしてくれるほど作品が好きでファンなんだ!って思うともう枕に顔うずめるほどに嬉しい。

一次創作作家さんの中には「本当は二次創作とかしてほしいけどあんまり堂々とそう言うのは恥ずかしい……」と思っていらっしゃる方もいるかもしれない。

そういう方のための『二次創作をしてもらうサイト』を提供できたらな~と思って今回その構想だけとりあえず書き連ねてみました。

 

デメリットというと、もしも商業作品として見初められた場合の著作権はどこに行くのか?(原案者以外に絵や小説やその他の媒体にももちろんすべて著作権が発生していますので…)とか、(出版業界のちょっと良くない噂をネット上では度々拝見しているのもあり)クリエイターさんたちが嫌な思いをする恐れがあるのをどう対策するのかとか、そもそもそのサイトはどうやって作ったらいいのかとか、とりあえず課題まみれなので実現にはまだ時間を要するのですが……

 

こういうサイトあったら利用してみたいなとか、そう思って頂ける創作者の方がおられたら全力でサイト作ってみたいなとは思っています。

せっかくネットがこれだけ普及したのに、そういった趣旨のサイトがないのがむしろ不思議だよな~とか思うので、夢を夢で終わらせず、今勉強している起業に絡めて今後もこのサイトについては裏で頑張ってみようと思っております('ω')

できるのか~私に~('ω')いや、やるんだよ。

 

関連記事

www.dendensokuhou.com

www.dendensokuhou.com

www.dendensokuhou.com

Copyright © 2018 flowiron All rights reserved.