伝伝即飽

私の中で話題になっている事柄をお届けします!(※まとめサイトっぽいけどただの個人ブログです)

タイミングがいいというのか悪いというのか・・・【先日書いた記事について個人的感想】

以前書いた記事がタイムリーすぎたせいで「地震男」の現在の居場所を求めて当ブログにアクセスしてきてしまう方が多そうで困っております。

当ブログの↓の記事では「こういう人もいるんですよ」という紹介しか書いておらず、2018年6月時点でどこに彼がいるのかは分かっておりません。なんかすみません。

 

↓大阪北部地震以降スゲー勢いでアクセスされまくってる問題の記事↓(この記事は6月12日投稿のものです)

www.dendensokuhou.com

 

基本的に投稿主はネットで話題になったこと、なっていたこと、なっていることを日ごとに思い出したり目についたらそれを記事にするっていうスタンスでブログやっているので、まれにこういうタイムリーな出来事に遭遇しちゃうんですね。困る。

恐らく上記出来事に関してのみいえば「もしかして「地震男」が今回も大阪に出張いったんじゃないのか。今月の記事だし」って思ってアクセスしちゃってる方もいるかもしれないと思うと、なんか本当ごめんなさい。知らないです。今、彼どこにいるか分かんないです。本当ごめんなさい。

ていうか投稿主も「地震男」の行方知りたいです。大きな地震があると「もしやまた地震男が出張に!?」って思うくらいに刷り込まれているので。松岡修造さんが海外行くと日本が悪天候に見舞われるとかそういう謎ジンクス?と同じ感覚ですかね。

大きな地震=出張行くと大きな地震に見舞われる「地震男」と思い込むようにできてるのはけれど、とっても興味深いですよね。こうやって都市伝説とかは生まれるのかもしれない。

 

まだ今週いっぱいは余震等に警戒していたほうがいいのは事実ですので、被災地の方、また被災していないけれどまだ避難袋等の準備が済んでいない方、十分お気をつけください。情報かき集めただけではありますがとても役に立つ知識をネット民の方々が教えてくださったので以下のような記事も参考にしつつ地震に備えてくださいね。

 

↓【防災マニュアル】地震対策・役立つ知識と被災者たちのアドバイス 画像保存/スクショ推奨【まとめ】

www.dendensokuhou.com

 

実際のとこ、中部地方民である投稿主は今生では大きな災害(地震でなくても台風とか他の自然現象等)に見舞われた経験がなく、避難所生活とかそういったものが全く想像できないのが現状でございます。なので、被災者になられた方々の意見や体験談などはとても貴重で参考になります。

自然災害、特に地震は完全な予測が困難なものでありますので、だからこそ日ごろから備えを万全に、いざというときにどうすべきかの知識を持っていたほうがいいと思っておりますので、自分の覚え書きも含めて上記記事を作成したのであります。

ツイッターでもちらっと書いたのですが、

 

 

投稿主んち、瓦屋根の木造の家(築50年近い)なので震度6(場合によっては震度5)をこえる地震が来たらまず間違いなく家屋全壊するんですよね。これだけは経験なくても分かります。だって近所の道を大型のトラックが通ると家、揺れるもん。ウケる。いやウケない。

なので、家で寝てるときに震度6以上の地震きたらそのまま死ぬ運命なのだと思って日々生きております。冗談でなく。ていうか、瓦屋根なので下手に生き残っても絶対痛い思いするし。一息に息の根止めて欲しいですぞ。いやマジで冗談抜きに。

ただ、残念ながら投稿主、家族大好きなので、せめて家族だけは無傷で助かってほしいと思っているため、できれば家に誰もいない時間帯に来い、地震。って思ってるところもあります。いやそもそも帰る場所が消滅すると困るからやっぱ来るな。今生では絶対来るな。来てくれるな。頼むぞ。

 

投稿主が今生、各地で起きた大規模な地震のその惨状を実際に見たのは震災から数か月後の宮城県だけ(復興支援ボランティアとして一度だけ震災後に訪れました)。ですが、そこで見たのは津波に襲われほぼ更地と化した大地でした。だから、地震の揺れで倒壊した家屋というのはテレビなどでしか見たことがないのですよね。

重ねて言いますが、テレビでしか見たことがなくとも、我が家クラスの木造の家は確実に潰れるのは間違いないんですね。だからどれだけ家の中のタンスや棚を固定したところでたぶん、瓦の重みで崩壊するため家にいたらほぼ死ぬっていう。正直怖い。

 

とはいえ、備えておいて損はないというか、万一生き残った場合になにも準備してないとかそれのほうが何よりも恐ろしいので、防災袋とか、前述の記事のような対策はやっております。時期が時期なので防災袋の中のものも全部個別にビニール袋入れてみたり、そういう細工?もやってみたり。

自分にできそうなことをなんでもいいのでやっておくと、後悔しないで済むかな~と思いつつ。また今度。

 

スポンサーリンク

Copyright © 2018 flowiron All rights reserved.