伝伝速報

私の中で話題になっている事柄をお届けします!(※まとめサイトっぽいけどただの個人ブログです)

【暇つぶし記事】ブログ名由来と不安障害だけど芸能オーディション受けた話の欲張りセット

この記事では好きなことを語っているだけなので色々と話が脱線しています。暇つぶしにどうぞ。

サイト名の由来を存分に語る

ここのブログの名前っていわゆる「まとめサイト」系っぽいけど、開けてみると普通にブログ投稿主が好き勝手なこと書いてるだけの個人ブログなのね。

「~速報」とかいうわりに別にそこまで鮮度のいい情報もないし初見だと何ここまとめサイトじゃないの?ってなるんじゃないかな。

 

じつは、ブログ立ちあげた当初はそういうネット掲示板とかからのお手軽コピペサイトにでもしようかななんて思っていたのさ。人気のまとめサイトなんかだと、一個のスレまとめに対してコメント欄がすごく賑わうじゃない、ああいうのちょっと憧れてたんだよね。なんていうの、楽しそうだったからね。色んな人が匿名をいいことに好き放題言ってるのを見るって楽しいじゃん。

んでも、実際に自分でブログ立ちあげてみてから、まとめサイトみたいにただ人が書いた文字とかをコピペるだけって、それ投稿主の意に反してるわ、って気付いてしまった。でももうブログ作っちゃったし・・・

まぁいいやこの名前でドメインも取ってしまえ、で、今に至るという。

 

投稿主はなんでも気になったこととかあったらとりあえずそれを話題にしちゃいたいの。だからブログ説明にもがっつり「私の中で話題になっている事柄」とか書いちゃってるし、ブログタイトルも「伝伝」っていう、造語をあてがった。

つまるところ、自己アピールの一環だね。喋るのは得意じゃなくても、文章で自分の考えを披露するのは大好きなんだ。ネット民の大半が、そんな感じの人なんじゃないかなとも勝手に思っているし。

以前書いた記事でも存分に語っているのだけれど、

 ↓以前書いた記事

www.dendensokuhou.com

www.dendensokuhou.com

 投稿主は文字を起こすことでストレス発散になって、自分が思ったことを綴った文章を繰り返し読むことに快感を覚えるわけ。

 

 んで、人の役に立つということにさらに興奮を覚えるわけ。

ブログ記事のゲーム攻略情報なんかその最たる例で、自分が発見したり思ったことを見て、参考にして少しでも役に立ててくれる人がいると思うと、最高に幸せなの。ゲーム記事じゃなくてもそういうこと考えながら、日々記事にしているの。

面白い系の記事もそうで、芸人じゃないのに人に笑ってもらえるっていうのが嬉しくて、友達とかと対面するとつい変なこと言ったり冗談を言って相手を笑わせたくなっちゃうんだよね。性格というより多分病気なんだろうなと思ってる。

 

スポンサーリンク

 

 

レビューや感想は投稿主のしたいことを全て一気にやれるからさ、ほんと、楽しい。レビューなんて特に、主観だから自分の思うままに書けるし、それを閲覧者が見て参考にしてもらえることも多いでしょう、もー、最高に嬉しい。もっと見てよ。もっと役立ててよ~~!!って思いながら今日も書くネタを探しに行く。

 

一方で、このブログの趣旨は閲覧者には理解しがたいと思う。

ゲームの攻略に特化しているわけではないし、時事ネタに敏感なわけでもないし、アニメ漫画に着目しているわけでもないし、なんかジャンル雑多で分かりづらいよね。知ってる。(アクセス数は毎日500PV超えてるにも関わらず読者数が長いことずっと増えない理由もそこにあると分かってる。ふへへ)

自分が書きたいものっていうのが日に日に違うのでその時気になったことを記事にしてたらこうなっちゃったっていうね。個人ブログあるあるだと思っている。

今は特に、SEO対策としてサーチエンジンにうまく掲載されないかな~アクセスアップしないかな~って考えて、そういった長期的、需要的に見てアクセスが見込まれるだろうことを毎日探して記事にしているから、様々な話題が記事になっているね。自分でもなんでこんな手広くやってるんだろうと思うことはある。でもそこにはひとえに「書きたいから書く」以外の意思はないんだよね。自分の思ってることが書ければなんでもいいんだよね。それが楽しいし生き甲斐なのさ。

 

ブログタイトルの「伝伝」は文字通り、「伝えたい」って意思を表しているんだよね。二個も重ねてるのは、「投稿主が伝えたいことをさらに読者さんが第三者へ伝えてくれたらいいな」なんて願いも込められていたりいなかったりするね。

考えの押し付けにはならないように一応配慮はしているつもりだけれど、投稿主は頭が良くないため、首尾一貫してないことが多いよね、たぶん。自分じゃ時間経って見直さないと気付けないんだけれどね。一見して「なんかこいつ支離滅裂やな」って思われる文章もあるかもしれない。

それでも個性だと思って受け止めてくれる読者さんがいるならそれはそれで嬉しい。ごくたま~にスターつけてくれる方もいたりして、結婚しませんか?ってお礼言いたくなるけどそこはグッとこらえて枕に顔うずめて喜んでる。

 

 過去の記事で述べたように投稿主は「創作者」でもある。

↓過去の記事

www.dendensokuhou.com

 ここのブログで話題にしている記事は無論、「創作」ではないけれど、「頭に浮かんでいる文字を書き起こす」っていう点に関しては、それは立派な「創作活動」だと思うんだ。

 

 ただし、小説なんかと違って感想が欲しいわけではないし反応も特に要らないの。ここのブログはね、そーいう「創作物」じゃないからね。

ただ、投稿主の頭の中で思ってることとか感じていることを見てくれればいいの。見て、面白ければ笑ってもらって、いいなと思ったら第三者へさらに広めてもらいたいなって。投稿主が紹介したり書いた文章で共感や感心を抱いていただけたり、笑ってもらえるならそれが本望でしかないのさ。生粋の創作者根性が、そう思わせるのだ。

 

オーディションの件をちょっとだけ語る

一個上の関連記事で、以前投稿主は歌手のオーディションに応募して最終選考まで残ったけれど、事務所契約せずに辞退したって話さ、あれも、表向き「実力試しだったから」とか「悪名高い芸能事務所だったから」とか言ってるけど、もう一個、理由あったわ。

投稿主は人に見られるのが怖いんだよね。ここのブログ記事には散々「もっと見て!」とか言ってるけど、芸能活動ってさ、自分の姿を見られるじゃない、あれが嫌だって思っているんだよね。

だから、歌手を志してはいたものの、結局そういう「見られるのが怖い」っていう思いが、投稿主の意志を揺らがせてんだよね。

 

スポンサーリンク

 

話脱線するけど、投稿主はね、不安障害なんだよね。数年前に薬物投与である程度マシになって社会復帰できているけど、今もまだ完治できてない。

↓投稿主の過去についてちょっとだけ語ってある関連記事

www.dendensokuhou.com

 

 どういう症状かというと、

人前や人目のあるところで何か目立つことや、注目を浴びると動悸が激しくなって体調がおかしくなる、っていうやつ。あがり症を最大限に悪化させたみたいな症状が出るのね。

ボイトレ主催のライブとか、ご依頼頂いて人前で歌う機会がけっこうあったんだけれどさ、そのいずれも、ライブ後は激しい腹痛とかに襲われて、死にかけてるのね。場数を踏んでいけば慣れるって何人のボイトレ講師にも言われたけど、未だ慣れない。

以前、投稿主自身が作詞作曲した楽曲のレコーディングをしたときなんかいい例かもね。監督してくれたボイトレ講師の女の先生が一人しかいない部屋で、投稿主の歌声をレコーディングしたことがあるんだけれども、たった3時間のレコーディングのあと、一週間以上体調崩して仕事も休むという伝説を残したことがあってね。人数の問題じゃなくて、「誰かに見られている」というストレスでこうなるらしいんだよね。マジで病気。

歌以外でも、人から注目を浴びるともうダメでさぁ。それが仲間内の集まりでも、体調おかしくなるの。

 

「見られるのが怖い」っていう意味はそういうことなんだ。でもね、周りの人がどう思っているかは別段、気にしていないんだよね。ただ自分が、注目を浴びるのがダメなだけ。なんでか自分でも分からんけども、中学時代からこうだから、そういう性情なんだろうなと思うよ。

ただしその一方で、投稿主は目立つのが好きなんだよね。矛盾してるけど。だから、ブログでアクセスアップさせようと思って、はやりの気になる話題を記事にしているんだよね。

 

「人目が怖い」のに「目立つのが好き」っていう、そこの違いはなにかというと、投稿主自身の姿が見えているかどうかってことだろうね。

ブログはさ、少なくとも投稿主の姿は見えてないじゃない。でも、自分の意見とか考えは存分にアピールできるし、見てもらえるじゃない。読者も、どんな容姿の人が書いてるかなんて気にならないじゃない。

YouTubeのゲームプレイ動画も、歌ってみたも、その点では一緒だよね。

 

ところがどっこい、

歌手になるってことは、人前へ出ないとならない。

前述の通り、場数を踏んでも踏んでも人前に出ると死にかけるので、もう無理じゃないのそれ。諦めちゃいないけれど、そこの課題をクリアしないと到底、歌手なんてなれっこないよね。知ってる。

 

スポンサーリンク

 

ここからオーディションの話をもうちょっと掘り下げるぞい。

件の、さっきチロっと書いた歌手オーディションの時に、投稿主は応募要項を思いっきり違反してたんだよね。

応募の際に、全身写真とバストアップ写真を送らないといけなかったんだけれども、容姿で判断されるのが非常に気にくわなかったので、画像を添付せずに「容姿で判断されたくないので、私の歌声を聴いてください」と自己アピール欄にそれだけ書いて、めちゃくちゃ強気の姿勢で応募したの。

 

↓実際の通知

f:id:flowiron:20180501172947p:plain

 

応募要項違反だったのに普通に審査通過したよ。ビックラこいた。ええんかそれで。

まぁでも、せっかく書類審査通過したんなら、行ったろやないけ!って意気込んで、行きましたとも。書類選考が実質一次審査だったので、二次審査をしに大都会へと赴いた。別段、何かしたわけではない。ただ、実技テストとして自分の得意な曲を歌っただけ。

 

↓実際の通知

f:id:flowiron:20180501175340p:plain

 

スポンサーリンク

 

まさかの二次審査通過。

ちなみにこの時点で、歌手としての才能を見抜かれたとは微塵も思っていなかった。なんか別の理由だろうなとは薄々感じていた。

最終面談のご連絡は直接投稿主のスマホへ電話がかかってきた。電話口では「選考の結果をお伝えしたいので」と、芸能事務所へ来いと言われた。ふえぇ・・・嫌な予感がするよお・・・と思いつつ行ったら、

「オーディションの結果としては今回は不合格でしたが、歌手になるためにまずタレント活動をしてみませんか」などとプロデューサー(だったと思う)に言われて、説明聴いて、養成所も実際に行って、返事保留で家に帰って、後日辞退の連絡を入れた。

↓これの話は以下記事でもう少し詳しく語ってるのでご参考に。

www.dendensokuhou.com

「人に見られるのが怖い」とか思ってる人間が、不特定多数の人間に見られてナンボの仕事であるタレントなんてやれると思うのか?笑止千万!

って思ったよね。すげー勿体ない気もするし、チャンスを無下にした気もするけど、体調すぐ悪くなるほどメンタルも体力もゴミレベルの人間にタレント活動なんて荷が重すぎるわ。

もしも人前が平気だったら、今ごろこんなとこでくすぶってないよね。誰かに投稿主のこのチャンスあげたかったもん。無理だけど。

 

話脱線したのかしてないのか分かんないけど、

人前がアカンっていう理由とかエピソードはご理解いただけたと思うけどどうよ。

自室で一人でいると本当落ち着くの、困る。こうやって、薄暗い部屋で文章打ち込んでるのも最高に落ち着くのも、困る。

投稿主はこれからもなんか色々気になったこと好きなようにブログ記事にしていくので、良ければみてって。見られてることに快感を覚えるから。感想とかコメントは要らないので、暇なときに読んでもらって、「おもすれー」って思ってもらえればそれでよい。そういう文章が書けているなら最高にハッピーだぜ。

 

スポンサーリンク

Copyright © 2018 flowiron All rights reserved.