伝伝速報

私の中で話題になっている事柄をお届けします!(※まとめサイトっぽいけどただの個人ブログです)

【ゴールデンウィーク】岐阜県関市・モネの池へ行ってきた【水芭蕉】

モネの池(モネのいけ)は岐阜県関市板取の根道神社参道脇にある貯水池[1]高賀山の伏流水を利用して[2]1980年頃に灌漑用に整備された。モネの池は通称であり正式な池の名称ではない[3]。地元では根道神社の池もしくは単に池と呼んでいる。

モネの池 - Wikipedia

 

愛知県から車で約2時間だったかな。

朝の10時過ぎから、車に乗って松平ICから東海環状自動車道で特に大きな渋滞にハマることもなく辿りついたそこはちょうどゴールデンウイークだったこともありたくさんの観光客で賑わっていたよ。

 

【名もなき池・通称『モネの池』】

〒501-2901 岐阜県関市板取441

f:id:flowiron:20180429185807j:plain

 刃物で有名な関市の板取という地域の一角に、ひっそりと存在するこの池。

観光名所として今は「モネの池」と呼ばれているけれど、これはあくまでも通称であって本来の名前ではないらしいね。フォトコンテストでグランプリを受賞したのがきっかけでテレビやネットでたちまち話題になった結果、和製モネの池として観光名所になったみたい。

実際に訪れるのは投稿主も初めてだったけれど、格安スマホのこの画質ですらこれだけ美しく撮影できるのはすごいよね。池の透明度と周りの草木の優しい色合い、そして池の中を優雅に泳ぐ鮮やかな錦鯉が最高の癒しだったよ。

モネの池を堪能したあとはすぐそばの根道神社へ参拝して、下り坂をおりていったその先で、とても立派な水芭蕉にも出会っちゃったよね。

f:id:flowiron:20180429181056j:plain

f:id:flowiron:20180429181120j:plain

もともとこの場所は観光地ではないので、近隣に大きな駐車場などもなく自家用車などでお越しになると駐車する場所がなくて困るかもしれない。

投稿主はたまたま、モネの池へのメイン田んぼロードから少し離れたところの有料駐車場(駐車料金驚きの500円!安い!)に停められたからラッキーだったよ。

 ↓の画像の道、ちょっと先の右手に現在は『有料P』という手作りの立て札が立っているお宅があるので行けばすぐに分かると思う。

↓地図の赤い丸で囲った場所に有料Pあります。

f:id:flowiron:20180429184411p:plain

モネの池のそばにはお花の苗などが売っている市場『フラワーパーク板取』もあるし、お花好きもそうでない方も、ぜひ一度このゴールデンウイークの期間に訪れてみてね。

 澄み切った池に泳ぐ錦鯉と、水面に浮かぶ蓮の葉の美しい様相は一見の価値オオアリだよ!(道中、生活道を走るので車でお越しの際は安全運転でお気をつけて!)

 

 スポンサーリンク

Copyright © 2018 flowiron All rights reserved.