伝伝速報

私の中で話題になっている事柄をお届けします!(※まとめサイトっぽいけどただの個人ブログです)

【デッドバイデイライト】初心者の方向け おすすめのパークとサバイバーと他…【セルフケア要らない説】

この記事に書いてあること

・おすすめパーク(キラー、サバイバー)

・初心者におすすめのサバイバー=クローデット説に異論あり

・生存するコツを知りたければキラーでプレイするといい

の3つです。

はじめましてこんにちはこんばんは!

 

今回はデッドバイデイライトを プレイして約半年以上が経過した脱初心者状態の投稿主がおすすめするパークを簡単に一覧にしてみたよ。

実際に使用していて感じた利点と弱点も書いてあるので、よければ参考にしてみてね。

(熟練になるともっと色々なパーク構成で遊べたりするけど、ひとまず基本的にこれ身に着けておけば生存率上がると思うってものだから、人によって評価は違うと思うけど以下の一覧はあくまで投稿主の主観によるものなのでご承知おきください)

 

サバイバーおすすめパーク

サバイバー共通パーク

【予感】

効果:視点の先にキラーが来ると通知が入るパーク。レベルがあがると通知が入る距離が伸びて(12m・24m・36m)、パーク再使用時間も短くなる(60秒・45秒・30秒)

利点:建物系マップ(レリー研究所・精肉工場)や、とにかく遮蔽物が多くてキラーが来ててもどっから来るか分からない時なんかに超使えるパーク。カメラ(視点)を動かしたとき、その先に来ているという通知が入るので、心音がないレベル1シェイプやレイス相手の時などは特に有利になる。

弱点:発電機修理中や物陰に隠れているときにカメラ(視点)を動かすクセが身についていないド初心者さんだと予感つけてても切り付けられたりキャッチされたりするかもしれない・・・(逆に予感つけてるとカメラ動かすクセを身に着けられるので弱点というほどのものでもないけど)

参考動画(姉とLINE通話しながらやろうとした回)

動画1:00~早速ヒルビリーに見つかりそうになるけど予感が働いたおかげでギリ見つからずに済んだ

www.youtube.com

 

 【きっとやり遂げる】

効果: 味方をフックから救助してからの治療速度が超早くなる(25%・50%・100%)救助後30秒・60秒・90秒間効果が持続する。

利点:レベル3のこのパークつけてると単純に治療速度が2倍になるのでキャンプ気味のキラー相手でも使いどころがある。救助後に味方をその場で治療してから自分がタゲ取りすれば超カッコイイ頼れる先輩を演じられる。救助後の治療が早いと救助された側も安心してゲームを再開できるなど、利点は多い。

 弱点:効果を受けられるのは自分が救助した相手だけで自分が吊られていたのを救助されても治療速度はあがらない。また、救助行きたいけど怖くて行けないというガチ初心者さんにはまだちょっと早いかもしれない。そこそこ操作慣れてきたくらいの方向け。

 

 

各キャラ固有パーク

※そのキャラのレベルをあげることで、他キャラのブラッドウェブにもそのパークを出現させることが可能(※絶対出るとは限らない)

 

クローデット・モレルの固有パーク

【セルフケア】(レベル40でティーチャブルパーク出現)

効果:救急キット(アイテム)がなくても、仲間に助けを求めなくても、その場で自分で治療ができる。

利点:一人で治療ができるのでキラーに殴られてもチェイス中にちょっとずつ回復して全快できたり、フックから救助してもらってから仲間に治療を頼まずに済むことで、他の仲間が発電機を修理する時間を邪魔せずに済む。また、フレディ相手の時に悪夢状態から目覚めるのにわざわざ仲間や発電機を探さなくてもセルフケアのスキルチェックをミスすれば悪夢から目覚めることができる。一度身に着けるとなかなか手放せない優秀なパーク。

弱点:試合中無制限に回復ができるからと油断しやすくなる(投稿主の場合)

【共感】(レベル30でティーチャブルパーク出現)

効果:負傷した仲間の姿が可視化できる(32m・64m・無制限)

利点:負傷した仲間がどこにいるか可視化できることで、その仲間がキラーから追われているのかあるいはキラーから逃れて隠れているのかを知ることができる。仲間がキラーに追われていると分かればその隙に発電機に集中できるし、振り切ったようであればキラーがこちらに向かってきているかもしれないと予測を立てて行動できる。また、仲間を助けに行くこともできる。

弱点:仲間が全員隠密が上手でキラーに狙われていないときなどは無力と化す。なので、「共感」より「絆」のほうが役に立つ場面も多かったりする。

 

ドワイト・フェアフィールドの固有パーク

【絆】(レベル30でティーチャブルパーク出現)

効果:仲間の姿が可視化できる(12m・24・36m以内)

利点:近くに仲間がいる場合その仲間とともに発電機を直すことができたり、近くでチェイスをしている様子が分かったり、仲間が隠れて向いている方向からキラーが近くまで来ていることが察せたりする。「共感」と違って負傷状態でなくても可視化できる。

弱点:仲間がこれを使用している場合、「なすりつけ」という行為をされる恐れがある。キラーにターゲットにされた時に「絆」で見える範囲の仲間のほうへ逃げ込み、わざと仲間を狙わせる。自分はまんまと身を隠す。

 

メグ・トーマスの固有パーク

【全力疾走】(レベル35でティーチャブルパーク出現)

効果:走り出したときの最初の3秒間、速度が150%上がる。その後、疲労状態(60秒・50秒・40秒)になる

利点:キラーに見つかって最初の一撃目を高確率で振り切ることができる。チェイス中に疲労状態が終わればまた走ってる途中から自動で3秒間150%の速さで走ることができる。

弱点:移動の際にうかつに走れなくなる。ここで走って疲労状態中にキラーに見つかったらどうしよう、と不安になるのがネック。また、疲労状態中の疲労回復度が走っている時は50%に落ちてしまう(しゃがみ移動なら133%に上がる)

 

【アドレナリン】(レベル40でティーチャブルパーク出現)

効果:ゲート通電と同時に発動。ダウン状態→負傷状態に、負傷状態→無傷状態に回復し、移動速度が5秒間150%に上がる。効果発動時、フックに吊られていた場合・キラーに担がれている場合は効果は保留され、仲間から救助されたり自力脱出して地面に降りたら即座に効果が発動し無傷になる。また、フレディの悪夢に落ちている場合も悪夢から目覚めることができる。効果が発動したらその後(60秒・50秒・40秒間)疲労状態になる。

 利点:これほんとスゴイ。フックに吊られてる最中に仲間が発電機直し切ってゲート通電して、救助されたら即無傷なので、助けに来てくれた仲間が毎回キョトンとしてる感じが最高に楽しい。フックから降ろされた途端に何事もなく無傷状態になれるうえに移動速度150%なので助けてくれた仲間置き去りでゲートへ駆け抜けるのが最高に楽しい。また、チェイス中に一発殴られて負傷状態で逃げててもゲート通電と同時に無傷状態、速度150%になるのでキラーが「え!?」みたいな感じになるのも良い。

弱点:ゲート通電まで生きていないと使えない。序盤でトンネルされたらお役御免になる。

参考動画(無実況プレイ動画)

6:40~からゲート通電して負傷状態でチェイス中だったけど元気に駆け抜けるメグが見られます。そしてそのままエスケープ。

youtu.be

ネア・カールソンの固有パーク

【都会の逃走術】(レベル35でティーチャブルパーク出現)

効果:しゃがみ移動の速度が上がる(90%・95%・100%)

利点:隠密スキルが劇的に向上する。一度このしゃがみ移動速度に慣れてしまうともう一生外せない。キラーが遮蔽物の裏を見て回るときなど、しゃがみ移動でギリギリ視界に入らない位置を移動すればだいたいやり過ごせる。しゃがみ移動で対処すべきハグやトラッパーの罠にも対応ができる。

弱点:特になし

 

ビルの固有パーク(※PS4版にビルはいないため共通パークとして出現)

【不滅】(レベル40でティーチャブルパーク出現)

効果:這いずり状態の回復速度が上がる(15%・20%・25%)。1試合1回だけ這いずり状態から自力で負傷状態まで回復できる。

利点:ここぞというときの一発逆転を狙いたい場合に本領発揮する。キラーが他の生存者を追いかけ始めたら最大のチャンス。残り2人のとき這いずり状態で放置するキラーは全滅を狙いたい場合が多いので、他のサバイバーが追われている隙に起き上がってハッチを探しに行っちゃえ。

弱点:前提としてキラーが這いずり放置してくれないと使えないのでストイックなキラーが相手だとダウンさせたらそのままフックまで連れてってくれるので効果を発揮できないまま処刑されることになる。

 

【与えられた猶予】(レベル35でティーチャブルパーク出現)

効果:心音範囲内で救助すると救助された仲間が攻撃を受けても1度だけ耐えられるようになる。15秒・20秒・25秒後に効果が切れるとダウン状態になる。

利点:キャンプトンネルキラー相手に効果を最大限発揮できる。とりあえずつけとけばもし狙われても猶予が働いて逃げ切れることも多々ある。

弱点:ガチキャンプしてるキラー相手のときに救助に行ける!と思っていくと攻撃せず救助者を一発キャッチパターンが多々あるので過信しすぎると痛い目を見る。あと、猶予発動条件が心音範囲内で救助、だから、トンネルしてなかったキラーがトンネルキラーに変貌する確率も段違いにあがる。

 

ここにあげなかったパークについて弁明

決死の一撃(ストライク)→発動条件のスキルチェックがたぶん初心者の方には非常に難しいと思うので除外。

身軽などの逃走系パーク→投稿主があまり使ってないのも多く使用感が分からないため除外。

凍り付く背筋(通称「猫」)→投稿主があんまり装着パークの表示確認する癖がないせいで恩恵をイマイチ感じられなかったため除外。

スマートな着地→発動条件(高所から飛び降りないといけない)がネックなので除外。

基本的に気に入ったパーク構成以外で遊ばないので使用感が分からずおすすめできないものが多いので、逆にここにのってるパークはだいたいハズレなしと思ってもらえたらいいかな。

 

キラーおすすめパーク

 キラー共通パーク

【鹿猟師】通称「鹿」

 効果:12m・24m・36m以内にいる這いずり状態のサバイバーを可視表示できる。

利点:一匹仕留めたらもう一匹!の時に役に立つ。這いずり放置しているともれなく他のサバイバーが治療しにやってくるので居場所を特定しやすくなる。

弱点:サバイバーから「「這いずり放置」はマナー違反だ」とファンメが届く。

 

【鋼の握力】通称「鉄腕」

効果:担ぎ上げたサバイバーのもがき速度を低下させる。

 利点:フックが遠い時などもがきで逃げられる恐れがある場面で効果を発揮。とりあえずこれつけとけば、フックが遠くても不安にならずサバイバーを吊るすことができる。

弱点:特になし

 

レイス固有パーク

【闇より出でし者】

効果:視界が明るくなり遠くまで見渡せる。

利点:索敵が得意じゃない人向けの強力なパーク。暗いステージ(マクミランなど)の闇に潜むクローデットもばっちり見えるようになる。

弱点:特になし

 

ヒルビリー固有パーク

【不屈】

効果:スタン状態からの復帰が早くなる。

利点:板をぶつけられた時の復帰が早くなるのでサバイバーを見失わずに済む。

弱点:特になし

 

ナース固有パーク

【喘鳴】

効果:ケガ人のうめき声が大きく聞こえる、サバイバーの息遣いがちょっと大きくなる。

利点:殴ったあとのサバイバーや物陰に潜んでいるサバイバーの追跡が容易になる。

弱点:「ケガしてないサバイバーの声大きく聞こえる」効果はレベル3にならないと適用されない。

 

【看護婦の使命】通称「ナスコ」

効果:近くで治療中のサバイバーが見える。

利点:セルフケア中でも仲間同士で治療中でも、あらゆる治療行為が丸見えになる優れもの。

弱点:ナースのレベルを40まであげないと共通パークとして取れない。あるいは聖堂で出るまで根気よく待つしかない。

 

ハグ固有パーク

【破滅】通称「ルイン」

効果:呪いのトーテムが存在する限りサバイバーの発電機修理におけるスキルチェックの難易度を劇的に上げる。レベル3になるとサバイバー全員にその効果が表れる。

利点:遅延パークの中でも優秀なパーク。何も知らない初心者の場合いつまで経っても修理が完了せずこのゲームを嫌いになるかもしれない。

弱点:呪いのトーテム由来になってしまうので、開幕ソッコーで見つかって破壊されると泣きたくなる。

 

ドクター固有パーク

【オーバーチャージ】

効果:発電機にダメージを与えたあと、最初に触ったサバイバーに高難度のスキルチェックを出現させる。失敗するとキラーに通知がいき、修理のゲージが大幅に下がる。

利点:遅延パークの中でも優秀なパーク。ダメージは何度でも与えられるので、ダメージを与えるたびにサバイバーはその都度難度の高いスキルチェックチャレンジをやらされるハメになる。試合の後半、発電機をうまく近場に固められればこのパークは最大限の嫌がらせパークとして発揮される。

弱点:自分がフレディをやるときにつけると・・・。

 

ハントレス固有パーク

【女狩人の子守歌】通称「ララバイ」

効果:呪いのトーテムが存在する限り、キラーがフックにサバイバーを吊るすごとにトークンがたまり、スキルチェックの難易度を上昇させる。4トークンまでは、スキルチェック発生時の音が徐々に遅れて聞こえるようになる。最大までたまるとスキルチェック発生時の音が聞こえなくなる。

利点:遅延パークの中でも使えるパーク。予備知識ないサバイバーの場合、「何これ呪われてる!?ラグ!?」と慌てふためくこと間違いなし。

弱点:サバイバーをフックに吊るさないと効果が発動しないし強力にならない。さらに呪いのトーテム由来なので呪いのトーテムを破壊されればそこで効果は終了する。

 

カニバル固有パーク

【バーベキュー&チリ】通称「バベチリ」

効果:サバイバーをフックに吊った直後4秒間だけ、52m・46m・40m以上離れたサバイバーの姿を可視表示できる。また、サバイバーをフックに吊るす回数が増えればそのぶんもらえるブラッドポイントも増える。

利点:索敵パーク最強部類のパーク。レベルが低くても遠くの方で修理中のサバイバーの居場所がくっきりと表示されるので真っすぐ駆けつけることが可能。

弱点:特になし

 

ここにあげなかったパークについて弁明

投稿主、あまりキラーやらないので、使ったことあるパークがめちゃくちゃ限られてるうえでの上記評価です。持ってって便利だったなーってパークのみ厳選してます。そのうち増えるかも。

 

開始間もない初心者さんにおすすめのパークは以上。

投稿主がつけてて役に立ったな~ってものだから間違いはない、はず!!

 

 スポンサーリンク

 

 

・・・。

 

 

初心者におすすめのサバイバー=クローデット説に軽く異議を唱えてみる。

ところで・・・

最初に育てておきたいキャラ代表というとクローデット・モレルが上げられるけど、その最大の理由は「セルフケアが他キャラのブラッドウェブにも出せるようになるから」だよね。

でも、最近気づいたんだけど(多分、こんなこと思うの少数派だから大声で言えないんだけど・・・)

チェイス不慣れで一度でも追われたらフックに吊られるのが当然というレベルの初心者のうちは、セルフケア、いらなくね・・・?っていう。

まず前提としてセルフケアを使う場面っていうのが、「一発攻撃受けたけど撒くチェイスで逃げ切ったあとに治療」とか、「フックから救助されたあとに自己治療」とか、そういう場面で使うものだよね(トラッパーの罠にかかったあとの負傷回復も自己治療で行えるとかもあるけど)

んでもさ・・・ちょっと待て、と。

そもそもキラーに一度でもタゲられたら逃げ切れない初心者サバイバーがセルフケア持ってても使う機会なくない・・・?

攻撃受けた!怪我したから走って逃げたけど振り切れなくて殴られてフック吊られた!ってパターンがまぁ、お決まりじゃない・・・?

なんなら、スキルチェック自体が不慣れなうちにセルフケアなんてやったら、スキルチェックを盛大にミスってその通知がキラーに行って結局シバかれて処刑なんて悲しい事態にもなりかねなくない・・・?

ケガした!だから仲間の修理の手を止めて治療してもらう!でもそれ時間の遅延になるじゃん!っていう気持ちはよくわかるけど、生存者ランク帯20~16くらいの間なんて、修理時間ちょっと遅れたところでぶっちゃけ生存率変わらんよ・・・?いやマジで・・・

高ランク帯に行けば行くほど1分の差で生存率が段違いになるのは投稿主も身をもって体験しているけれど、ランクリセット後の混沌とした世界であっても低ランク帯で仲間の修理の手を止めて治療お願いしたところで、処刑される確率なんてそう変わらんのですよ。いやマジで・・・

だから、初心者さんにこそ、セルフケア以外の逃走系のパークなんかを積極的におすすめしたいな、なんて・・・思うの・・・(熟練プレイヤーとか他攻略サイト様から殴られるかもしれないからあんまり言いたくないのだが( ;∀;))

例えば、投稿主だったら、メグの「全力疾走」とか、ネアの「都会の逃走術」、あと逃走系じゃないけど、ドワイトの「絆」あたりのほうが、生存率上がるんじゃないかな、って・・・思うんですぅ・・・

「都会の逃走術」を使って、キラーの死角死角に回り込めば、ほとんどの初心者キラーさんは見落としてくれるし・・・もし見つかっても、「全力疾走」を使えば最初の一撃をほぼかわすことが出来るし、うまいこと遮蔽物の中に入り込めば逃げ切れることもできたりするよね・・・

初心者キラーVS初心者サバイバーが日常茶飯事なうちは、ちょっとでも物陰に隠れたり遮蔽物を使えば結構呆気なく初心者キラーさんは見失ってくれるからさ・・・

投稿主、デッドバイデイライトガチ初プレイ時の実況動画↓を見ていただくと分かると思うけど、相手も初心者さんだったみたいで、逃げた先の遮蔽物をうまく利用したら(これは当時は全く無意識にやってたけど・・・)なんとチェイスを振り切って初プレイ初脱出という偉業(?)を成し遂げられちゃったからね・・・

パークゼロ経験ゼロ知識ほぼゼロ(予備知識は多少あったけどテンパって全て消し飛んでた)でも、遮蔽物使えば逃げ切れるいい例・・・だと思う。

実際の動画は↓リンク先にあります。

www.dendensokuhou.com

 

 あと、セルフケア代わりにドワイトの「絆」も上げたんだけどさ、「絆」で近くの仲間がどこにいるか分かれば、治療をお願いしに行けるし、仲間がなんか逃げてる動きとか隠れてる動きとかで、近くにキラーがいることも分かるようになるしさ・・・

セルフケアは確かにランク上がっていくと大体の人が持ってる便利なパークだけど、最初に取っとくべきかというと、そうは思わなくなっちゃったんだよね・・・

多分、投稿主が常につけてるパークに「セルフケア」が入ってないからってのが一番の理由なんだけれど・・・(「アドレナリン」「全力疾走」「都会の逃走術」「きっとやり遂げる」しかだいたいつけてないけど、それでもランクリセット後からランク4までは行けるから・・・)

(正直なところ投稿主もゲーム始めたばかりの頃は攻略サイトなどでクローデットのセルフケアがおすすめ!って書いてあったからクローデット使ってたけど、セルフケアあっても仲間が治療しに駆けつけて来てくれたり、セルフケア中にまたキラーに見つかって結局処刑食らったり・・・右も左も分からないうちのセルフケアにあまり恩恵を感じなかったから今回異論を唱えたよ・・・)

無論、こんな少数派の意見無視していただいてオッケーなので、フーンくらいの話半分程度で聞き流していただければと思います。

(以下、こぼれ話)

【キラーの心理を理解するならキラーをやるしかない】

 先日書いた↓の記事でも散々述べたが、以下の独り言は補足のようなものとして頭の隅に入れておいていただきたい。

www.dendensokuhou.com

このゲームは色んなタイプのキラーがいてそれぞれのキラーが特有の能力や攻撃方法を持っているので、そのキラーに対して有効的なパーク構成や逃げる際のコツなどがそれぞれ違う。

トラッパー相手の時のチェイスのコツなんかは最たる例で、コツを知りたければ、自分がトラッパーを実際に操作してみるのが一番手っ取り早い。「ここならサバイバーが罠を踏むだろう」とか「サバイバーならこのルートで逃げて行くことが多いからあの草むらに置いておけば罠にかかるだろう」とか、そういった具合に色々と考えながらゲームを重ねていけば、いざ自分がサバイバー側でトラッパーから逃げるときにも上手い具合に罠を回避することができるようになるので、初心者のうちにこそ、キラーでのゲーム参加はおすすめしたい。

キラー視点でサバイバーを追いかけまわすことで、上手いサバイバーの立ち回り方をその身でじっくり体感でき、結果的に自分がサバイバーでやるときの生存率をあげるコツにも繋がるからである。

なお、上記の過去記事にも散々書いたけれど、時には煽り行動をしてくるVCPT(ボイチャパーティ)にあたってしまうこともあり、そういう時は本当に腹が立つし悲しくなるので、その点だけは覚悟の上でやると気持ちも少しだけラクになる。

 

 関連記事

www.dendensokuhou.com

www.dendensokuhou.com

www.dendensokuhou.com

www.dendensokuhou.com

www.dendensokuhou.com

www.dendensokuhou.com

 

 スポンサードリンク

 

Copyright © 2018 flowiron All rights reserved.