伝伝速報

私の中で話題になっている事柄をお届けします!(※まとめサイトっぽいけどただの個人ブログです)

【デッドバイデイライト】初心者の方向け VSトラッパー戦のアドバイス!

はじめましてこんにちはこんばんは!

 

 

以前掲載した初心者の方向けデッドバイデイライト各キラー戦での立ち回り方に結構アクセスがあって少しでも参考にしてもらえてたらいいなーと思っている投稿主は今日も懲りずにサバイバー側が意識するといいかも?な立ち回り方を紹介するね。

 過去記事↓

www.dendensokuhou.com

www.dendensokuhou.com

 

 

Dead by Daylightのパッケージにも登場しているので購入者が最初に存在を知ることになる、通称築地のおじさん

https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/deadbydaylight/attach/20/567/Trapper02.jpg

www65.atwiki.jp

 

トラッパー

あのマスクの向こう側にはストーカーの如く私を追ってくる恐怖の笑みを浮かべる大男がいる。
狩人と同様に奴は私達を追跡し、草木のどこかに隠した凶悪な罠へと引き付けていく。
極度の警戒と慎重な足取りは、ベアトラップや私が“笑みを浮かべた賢い殺人鬼”と呼んでいる
血に塗れた悪魔から逃れる為には不可欠な方法だ。

たくさんある罠の一つを私は誤って踏んでしまった。
罠のボロボロの刃が足の骨を傷つける事を感じ、重く慎重な足音に恐怖を感じる事しかできなかった。
必然のように加虐的な黒い笑みを浮かべた奴が現れた。
罠とトラッパーから逃れるには、顔を上げ周囲を警戒しつつ足元も注意する、絶え間ない戦いを制さなければならない。

 

トラッパーはその逞しい身体に刺さっているモノを見れば何を使用するキラーなのかおのずと分かってもらえると思う。

ずばり、彼が使用するのはベアトラップ(トラバサミ)

なぜトラバサミが肩に食い込んでるのかのキャラデザに関する謎は今は置いておくとして、

 

トラッパーは初心者~上級者まで、操作が不慣れであっても結構な確率でサバイバーを処刑に持っていける優秀なキラーだったりするね。

飛ばされるマップの先にもよるけれど、

建物系マップ(レリー研究所、精肉工場)以外だったら、強ポジ(あらゆる意味でここなら間違いないっていう場所)さえ把握していれば、サバイバーを次々にそのトラバサミの餌食にすることができるからね。

 

逆に自分がトラッパーをやるとき上記のような建物系マップに飛ばされたら、その試合は諦めてサバイバーの方にとっとと脱出してもらいましょう!ってなるキラーだよね。二連続レリーとか泣きたくなるよ!!ランダムとは?と哲学を始めちゃうレベル。

 

んで、この記事ではサバイバー側でトラッパーにあたったときの立ち回り方の説明をしていきたいので、ひとまずトラッパーの特徴を簡潔に書くね。

トラッパーの特徴

トラバサミについての情報

・トラッパーはアドオンを使用しない状態だと常に持ち歩けるトラバサミは1個まで。

トラバサミはマップの中にランダムであらゆる場所に落ちている。

トラバサミはサバイバーに破壊されない限り、何度でも使用可能。

 →サバイバーに破壊されたトラバサミはその試合中二度と使用できなくなる。

トラバサミはアドオンがなにもついていない場合、白くはっきり見えるので、置いてある場所によっては丸見えということもある。

トラバサミを見えにくくするアドオンもあるので、そのアドオンを使用したトラバサミは近づいてみないと置いてある場所が分からないレベルに暗くなる。

トラバサミにかかったサバイバーは自力脱出チャレンジができる。

自力脱出チャレンジは1回~数回以上、抜けられる確率はその都度ランダム。

 →自力脱出チャレンジの難易度を上昇させるトラッパー専用アドオンもあるので、10回以上もがいても抜けられないこともある

・罠にかかった他のサバイバーに近づけば、仲間のサバイバーが解除することができる。

 →自力脱出と違って、仲間の手助けがあれば1回で脱出できる。

トラバサミにかかったサバイバーはそのままトラッパーにお持ち帰りされる(フックに吊られる)

トラバサミが設置してあるすぐそばに行くと罠解除の表示が出るので、その表示が出ていればサバイバーがその罠を解除することができる。

 →罠解除は罠破壊と違って、一時しのぎ的に無効化するだけなので、トラッパーは解除された罠は再び設置することが可能。

・サバイバーが罠にかかる、サバイバーが罠を解除する、サバイバーに罠を破壊されるとその通知がトラッパーにいく。

・トラッパーがトラバサミを設置するとき、チギチギチギという独特のSEが鳴る。

トラッパーの特徴ってよりトラバサミの特徴になっちゃったけど、

このトラッパーの最大の強みはトラバサミだから仕方ないね。

 

トラバサミ草むらとか、板の近くとか、窓を乗り越えた先とか、階段上っていった先とか、高所から飛び降りた先とか、その時あたるトラッパーの気分や趣味や嗜好によってどこに置いてあるか結構変わるんだけど、

だいたい強ポジと呼ばれるところは板、窓周辺なので、もしトラッパーに追われ始めたらその辺の「サバイバー側にとっての強ポジ」へ行くのはNGと考えてもいいかもしれない。

開幕からジェネが(だいたい)2個直るまでにトラッパーは強ポジに罠を仕掛けることが多いので(主武器がトラバサミなのでこれがないとトラッパーなんて本当ただの築地のおじさんだから・・・)

そのトラッパー心理を読んで、罠が設置してありそうなところを見に行き、罠を解除して回るのも生存率をあげる大きなポイントになるね。

特に豆腐小屋と呼ばれる建物系マップを除く各マップに生成される倉庫みたいな小屋(ランダムで地下が生成されるところ)の窓枠や、小屋周辺の草むらなんかは絶好の罠置き場だったりするので、トラッパー相手のときは小屋周辺をしゃがみ移動で一周して罠をあらかじめ解除しておくと逃げやすくなると思うよ。

 

ちなみに、罠解除のオススメの手順としては、

①罠がありそうなところまでは普通に歩きで移動

②罠がありそうな付近でしゃがみ移動

③罠を無効化する的な表示が出たら該当のボタン(キー)を長押し

とりあえず、普通に歩いてると普通に罠に吸い込まれるから、怪しいところでは基本しゃがみ移動がおすすめ。

 

で、トラッパーは生存者をフックに吊ったあとに十中八九そのフックの近くに罠を設置してから(キャンパーでなければ)離れていくので、救助に行く人はフック周りは特に慎重に移動して救助しよう。

罠が変なとこ(そこを通らないと逃げられないような)にある場合、救助が先か罠解除が先か判断に迷うと思うんだけど、

投稿主的には先に救助かな、と思うよ。

吊られてた人がよほどテンパってない限り、トラッパーがどこに罠を仕掛けたか吊られた人も気付いているはずだから、救助→出来るなら治療→最後に罠解除という順番で立ち回ったほうが、救助された側も、救助しにきた側も生存率があがる・・・気がする。

(以前目撃した初心者さんらしきサバイバーさんは、投稿主に救助された後、治療終わったからって慌てて走って行ってそのまま罠に吸い込まれていってまた負傷状態になっていたので何とも言えないけど・・・)

最悪、治療途中でトラッパーが戻ってきてサバイバーが罠に引っかかってももう一人がすぐ解除してくれれば、なんとか逃げられることも多いからね。

罠解除先か救助先かは以前から各所で熱い議論がされるほど意見が分かれるので、その時の状況でどっち先がいいか判断したほうがいいかも。

 

ちなみに、

投稿主は仲間を救助後、さて念のため罠解除しとくか!って思ったら普通に罠に吸い込まれて負傷するという実況者の鑑的見せ場を披露したことがあるので、

下の動画3:40~から。実況者の鑑。※音めっちゃちっちゃいですご注意

www.youtube.com

 ほんと、救助前後の罠には特に気を付けてね。

 

 

なお、地下室に吊られた場合、十中八九階段の下もしくはフックへの最短距離上に罠置いていかれるよ!ハグ相手のとき同様に、トラッパー相手のときの地下への救助は特に慎重にやったほうがいいよ。

以前投稿主が経験した試合では、

 

1人目(投稿主)が地下に吊られる→救助に来た仲間が階段下の罠踏む→地下に吊られる→救助に来た仲間が地下室の近くの草むらで罠踏む→地下に吊られる→最後の一人も小屋の近くでダウン取られる→地下に吊られるサバイバー全員が地下室のフックに生け捕りにされる

 

という地獄絵図になってむしろ清々しい気持ちで処刑されたことがあるからね。

ほんと、気を付けてね!

 

んで、

チェイス中の逃げる先に関してだけど、上記の通り強ポジ周辺は避けたほうがいいのは事実。ただ、「強ポジに罠仕掛けない系おじさん」もよくいるので、どのトラッパー相手の試合でも、走った先に罠がないことを祈るしかない。逃げた先で罠にかかってトラッパーに担ぎ上げられてもめげずに次の試合に行くというメンタルの強さを持つことが大事かもしれない。 

 

罠の場所はマジでその時のトラッパーの気分で仕掛けられてる場所が違うから、ここ、あるんやろ?って思ってるところになくて、ええ!?そこぉ!?みたいなとこに仕掛けられてて引っかかるとか、すごく多い。

なんなら、トラッパーの罠に引っかかりすぎてトラウマになってトラッパーなんて大嫌い( ;∀;)ってなってるサバイバーさんもいるかもしれないので、そんな方におすすめのパークをご紹介。

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcROEgUV1nLcJLrY0__NmBiF3yLlDeB-1LAbLiBvez2jlrSXWI6L

小さな獲物(Small Game)

前方45度の8m・10m・12m内に罠・トーテムがあると効果発動
専用SEが鳴る・パーク表示が点灯化して報せる
このパークの再使用には15・12・10秒必要

 このパークはハグ、トラッパーの罠に共通して使用できる優れもので、発動すると「コーン!」みたいな音が鳴るので「お、向いてる方に罠かトーテムが!」って気付くことができるよ。

ただし、ハグとトラッパー以外の罠を所持しないタイプのキラーが相手になったらほぼ使えねえパーク化することもあるし(呪いのトーテム検知としても使えるから全く使えないわけじゃないが)

このパークよりもっといいパークが腐るほどあるので、もしもブラッドウェブで出てたら試しに取って試しに使ってみるっていう程度の認識でオッケーだと思う。

なんせ、キラーの種類は現在11人、そのうち小さな獲物が反応する罠を使うのは2人だけ。うん。つけなくてもいいかな・・・ってなるよね。

投稿主のおすすめゆっくり実況者「卯月といち」さんが実際に「小さな獲物」を使用している動画(VSピッグ)

youtu.be

といちさんのYouTubeチャンネルは↓

卯月といち - YouTube

といちさんのブログ↓

へっぽこといち

 

投稿主のトラッパー視点の実況動画。不安の元凶(lv1)しかつけてないけど初心者さん相手に完勝する試合(ハッチ逃げを許してあげるやさ鬼の鑑)※音めっちゃちっちゃいですご注意

youtu.be

初心者さん相手なら強ポジがいまいちわかっていなくても結構罠にかかってくれるから嬉しいよね。

投稿主の生存者視点の実況動画。旧正月イベント期間。実質2試合分なので動画時間長め。スゴイ勢いでサバイバーさんたちが罠にかかっててオモロイよね~。※音めっちゃちっちゃいですご注意

youtu.be

※旧正月イベント中は特別なフックと発電機が出現。花火が上がるご機嫌なイベントだったね。

トラッパーはその性能や操作のしやすさから、低ランク帯で恐らく一番お見掛けするキラーナンバーワン(2018年4月現在)なので、 今回の記事のような感じで立ち回ってもらって、生存率を頑張ってあげてみてね。

 

 
 

 スポンサードリンク

 

Copyright © 2018 flowiron All rights reserved.